SOLIZE株式会社

3Dプリンターはなぜ今、最終製品製作に使われているのか

従来のイメージ これまで:製品ライフサイクルにおいて、3Dプリンティングは試作開発用途に使用

今後のイメージ これから:最終製品製作も可能な装置・材料・アプリケーションにより、適用範囲が拡大

その理由は、2つの側面から考えられます。

一つ目は装置、材料の進歩です。製品サイクルに置いて、今まで3Dプリンターは試作段階で使われてきました。しかし、最終製品適応も可能な装置・材料・アプリケーションの登場により、適用範囲が広がってきています。

二つ目に製造業の中では現在、次のような問題があります。

  • 多品種少量生産をどのように実施するか
  • 補給部品の型をどのように破棄するか

課題1多品種少量生産をどのように実施するか

CASE関連ビジネスでは「EV」や「MaaS」など、差別化やカスタムを取り入れる機会が多くなり、必然的に少量量産部品は増える可能性が高くなります。欧州自動車メーカーでは段階的に検証を進めており、適用範囲を広げるべく、現在はリスクの低い部品にて社内の経験値を蓄積、デザインノウハウを習得しています。

自動車業界のCASEトレンド出典:日本HP社プレゼンテーション資料

課題2補給部品の型をどのように破棄するか

2016年12月に下請代金支払遅延等防止法(下請法)に関する運用基準が改正され、型保管に関するルールが厳格化。親事業者は下請け業者に対して、保管料等の費用を負担することを義務づけています。


下請法に関する運用基準が改正

これらのような流れから、3Dプリンターでの最終製品製作を進める流れが加速しています。

3Dプリンターはどのような部品に適用されているのか

Case 01. 海外BMW社 i8ロードスター ウインドウレールに採用

海外ではBMW i8ロードスターのウインドウレールにHP Jet Fusionが採用されています。

BMW社 i8ロードスター ウインドウレールのイメージ

Case 02. 国内RAPiTHERA社 3Dデジタル義肢装具に採用

SOLIZEが装置導入支援を行いましたRAPiTHERA社では、一人ひとりに合わせたカスタマイズパーツの製造を行っています。

RAPiTHERA社 3Dデジタル義肢装具のイメージ

Case 03. 国内OUI Inc.社 Smart Eye Cameraに採用

OUI Inc.社のSmart Eye Cameraの外装部品において、Multi Jet Fusionを活用した試作品および最終製品製作をSOLIZEが行いました。

OUI Inc.社 Smart Eye Cameraのイメージ

Case 04. 国内サンリーブ社 フル3Dプリンター製フレーム
サングラスiSPIC(アイスピック)に採用

SOLIZEは、サンリーブ様が開発したフル3Dプリンター製フレームのサングラス「iSPIC」のフレーム製作に協力しました。

サンリーブ社 フル3Dプリンター製フレーム サングラスiSPIC(アイスピック)のイメージ

SOLIZEの取り組み - 最終製品製作への適用準備から支援 -

SOLIZEでは以下のような取り組みを行っています。3Dプリンターで生産する部品の選定からお客さまと一緒に考え、適用の準備から生産までをご支援します。

    HP Jet Fusionでの3Dプリント出力
    - SOLIZEは4台保有<国内最大級>、試作にも使用可能です -

HP Jet Fusionが採用される理由のイメージ

SOLIZEでは、HP Jet Fusionを国内最大級の4台保有しています。最終製品に限らず、試作品製作にも使用可能です。すでにインテークマニホールドやヘッドレストの型、部品点数の多い試作品のスピード製作など豊富な実績があります。

「HP Jet Fusionを使用してみたいけれど、装置を購入する予定はない」という方、試作や生産技術領域でお困りごとがありましたら、SOLIZEにぜひご相談ください。

資料ダウンロード / お見積り / ご相談

サービスに関する情報をはじめとした各種資料(PDF)をご提供しています。
資料はまとめてダウンロードできます。お気軽にご利用ください。

サービスに関する情報をはじめとした各種資料

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00-12:00、13:00-17:00(平日のみ)

フォームでのお問い合わせ

資料ダウンロード/お見積り/ご相談