COLUMN技術コラム

3Dプリンターで金属などの素材を製作するメリットとは

3Dプリンター 金属造形

3Dプリンターで金属などの素材を製作するメリットとはのイメージ

3Dプリンターとは

3Dプリンターとは、普通のプリンターが紙など平面的なものにインクを使って印刷する物であるのに対し、このプリンターは立体物のデータをもとに樹脂などを加工してデータと同じ造形を造り上げるという物です。このプリンターの優れている点は、データさえあれば金属なども加工することができ、それによってある程度精密な部品なども製作することができ、生産性の向上を期待できるなどさまざまなメリットを持つということです。工場などでも導入され始めている近年、これから導入しようと考えている企業も少なくないのではないでしょうか。しかし導入にあたってどのようなメリットがあるのか、どういった物が造れるのかなどを知っておかないと、導入しても十分に性能を発揮させることはできなくなってしまうでしょう。
3Dプリンターを導入する際には、そのメリットを正しく把握しておくと効率的に使っていくことができます。どういった物を加工することができるのか、使用することでどういった恩恵があるのかなど、知っておくべきことは多く、メリットなども知らないと導入するかどうかを躊躇してしまう方もいるでしょう。きちんとメリットやできることを知っておけば導入を考える時の基準にもなりますし、導入してからの使い方などを考える際にも役立ちます。効率化や、試作などでも役立つので、そのメリットや性能について把握しておくことは非常に重要なこととなります。
3Dプリンターのメリットは多く、活用例なども併せて知っておけばより使いやすくなるでしょう。これから導入を考えているという方は、ぜひそのメリットと活用例を知っておき、その上で導入するかどうかを考えてみてはどうでしょうか。

メリット

3Dプリンターのメリットはいくつかあり、特に金属製の物をプリントする場合は生産性の向上やコスト削減といったメリットがあります。例えば3Dプリンター以外では製品を試作する場合にどうしても人件費などのコストがかかってしまいますが、そういった手間やコストを削減し、短い期間で試作品を製作することが可能となります。試作段階では何度も造り直す場合が多いので、導入することで製作にかかる期間や人件費などを削減し、最終的に多くのコスト削減に繋がります。特に試作を外注によって行っていた場合、導入すれば自社で試作を行うことができるようになりますから、コスト削減に対して大きな魅力となってくれるでしょう。
もうひとつのメリットとして、作業の効率化というものも挙げられます。3Dプリンターを導入することで早い段階から完成品に近い物を実際に手に取って見ることができますから、プレゼンテーションで発表をする際に商品についての説明がしやすくなりますし、実際に作ってみたことで問題が起きるリスクを減らすことも期待できます。作業における効率化は製造にかかる期間の削減やコスト削減にも繋がりますから、効率化を図ることで導入した際のコストよりも多くのコストを得られるという魅力があります。
またコストや時間を削減できるということで、品質を上げるための試行錯誤をする時間も増えていきますから品質の向上も期待できるというメリットもあります。3Dプリンターによって量産行程の事前検証や作業マニュアル作成など生産準備における品質向上にも活用できますから、製品の品質向上においても大きなメリットを持っているのです。これらのメリットをしっかり知っておき、自社に導入するかどうかを考えるようにすると導入した後でトラブルが起きることも少なくなります。

導入事例を知って活躍できる場面を知っておく

3Dプリンターを導入する際には、どういった場面でプリンターが導入されているのかという導入事例を知っておくと便利です。自社が導入しようと思っている場面でプリンターは活躍してくれるのか、どういった場面で導入されているのかを知っておけば、導入するかどうか悩んでいるという企業にとって重宝するでしょう。では、実際にどういった場面で導入されているのでしょうか。
3Dプリンターの導入事例としてまず挙げられるのが製造分野における活用です。製品の加工や躯体の構造確認など、工場などで製造をする場面において非常に役立つ存在となります。事前にきちんと構造を確認できる完成品があれば製造もしやすくなりますし、問題が起きそうな部分を早い段階で見つけて対処することも可能になるなど、品質向上やトラブル回避において役立っています。プリンターの中には金属を加工することが可能になっている物もありますから、工場などの製造分野や建築分野において重宝されています。
この他には医療分野や教育分野でも3Dプリンターは活躍しています。3Dプリンターは3次元での模型製作に適しているので、授業などで使われる解説ツールの製作や、義手や人工骨といった1個からの製造が難しかった物を作り出していくという点において、重宝される存在です。1個からでも気軽に製作することが可能となっていますから、今までは作ることが難しかったオーダーメイド製品を1つだけ作るといったことも可能です。教育分野や医療分野、そして工場や建築といった幅広い分野で導入事例を持つ3Dプリンターは、これから導入を考えている方にとって非常に魅力的ではないでしょうか。

試作などでも活用できる3Dプリントについて

3Dプリンターで金属などの素材を製作するメリットとはのイメージ

3Dプリントを活用しよう

3Dプリントは現在注目を集めており、将来的に製造業や試作など開発の現場で使用される機械です。簡単に言うと3Dプリンターとは積層造形技術を使用したデジタル造形機のことを言います。立体物を作るためにはプリンター以外にどんなものが必要になるかというと3Dデータが必要です。これは3DCGなどのソフトウェアを使用して3Dモデルを作成します。その後、完成したデータを読み込ませ、プリントを行います。データがあればプリントするだけなので、簡単に立体物を作成することが可能です。データさえあれば作れる手軽さから導入している企業も増えています。では、導入するにあたってどんな利点があるのか知りたいと思う方は多いのではないでしょうか。ここでは第三の産業革命とも言われる3Dプリントの利点とは何かについて紹介します。

まず、1つ目は品質やデザインの技術を上げることが可能である点です。例えば金属造形を使ってプリントする場合、人間なら金属の塊を削ったりして商品に必要な部品などを作成します。機械加工や人の手で作成することになるので、例えば細かく作成することができないこともあります。機械加工や人の手によって作る場合にはその工法による制約や限界がありますが、3Dプリントならソフトウェアを使用してデータの作成をするので、従来の機械加工や人の手では作れないような細かな部分も表現することができます。データが仕上がったらプリントをするだけなので、金型や従来の製造技術では難しかった形状の作成も可能です。品質やデザインが向上することにより競争力のアップにも繋がります。競争力がアップすれば見たこともないような新たな技術が生まれる可能性も高くなります。

続いて2つ目はコストダウンにつながる利点があります。コストダウンと言っても様々なことが上げられますが、その中でも例えば自社だけで製品の開発を行えない場合、外注に依頼をすることもあるのではないでしょうか。外注に依頼をすると当然開発の費用も膨れ上がります。外注に頼めば頼むほど費用は必要になりますが、3Dプリントがあればデータさえ作ることができれば技術力がなくても簡単に立体物を作れます。外注に依頼することはなくなるため、コストダウンにつながるのです。

また、簡単に作れることにより、色々なことを試すこともできます。新たな挑戦がしやすいことにより、環境も変えられるという魅力が存在しています。

その他にも多くの方に納得してもらえる可能性が高くなるという利点があります。例えば、新しい製品を作る場合、開発を進めていくかどうかは会議等をして決めます。会議で多くの方から納得されなければ製品化することができませんが、3Dプリントがあれば開発の前の段階から試作を用意できるので、どのような仕上がりになるのかなどのイメージが湧きやすくなります。説明もしやすくなるので、多くの方に納得してもらえる可能性が高くなります。このように、多くの利点が挙げられるため、様々な業種が注目しています。

3Dプリントのことなら専門業者に聞こう

3Dプリントについて興味がある方は専門業者に問い合わせることによって色々な情報を知ることができます。知識のない方は専門業者に問い合わせてから導入について考えると失敗することもないので安心です。では、3Dプリントを取り扱っている専門業者では主にどのようなサービスを行っているのでしょうか。

まず、1つ目は金属3Dプリント受託製造です。これは金属造形機と複数の金属材料を用意してお客さんの要望に応えるというシステムですが、例えば金属の立体物を作りたいという場合、設備の導入をしなくても依頼をすれば作ってもらうことが可能です。続いて2つ目は3Dプリントの試作支援です。ここでは注型や鋳造、切削などを併用し、試験に使用可能な試作モデルを納めることが可能です。試作支援も行ってくれるので、試作のことで気になることがある方は専門的に行っている業者に問い合わせてみるといいでしょう。その他にも専門業者では3Dプリンターの販売やリースなども行っています。

3Dプリントを導入するにあたって

3Dプリントの導入を検討している方は販売を行っている業者に問い合わせる必要があります。しかし、取り扱っている業者は近年増えているため、失敗しないためにはその業者の選び方が重要です。ここではどのようなポイントを見て選べばいいのかについて紹介します。

まず、1つ目は3Dプリントの造形タイプです。立体物を作成するには、代表的には金属造形や粉末造形、光造形の3つを始め、様々な方式が存在しています。それぞれ企業によって必要としている造形方法が異なると思うので、なるべく取り扱いの種類が多い業者に依頼をしましょう。また、見積もりについても考えましょう。3Dプリントの機械は品質もいい為、それなりに費用も必要です。予算の計画を立てるためにも事前に見積もりをしておくと後悔をすることも少ないでしょう。

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する