RECRUIT採用情報

社員紹介 第一製造部 購買課

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

いわゆる「購買部」のイメージではない「技術購買」

インタビュー

SOLIZE Products株式会社
第一製造部 購買課 課長:小林
第一製造部 購買課:舟積

時短勤務、高いパフォーマンス

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

小林舟積さんは時短勤務の中でも、多岐にわたって活躍しています。
資料作成から取引先対応までフットワーク軽くこなしてくれるので本当に助かってます。
メール追って優先順位つけて…効率よくやってくれて、僕がつい先送りにしちゃうこととかも素早く対応してくれてありがたいです。本当はいけないんだけど(笑)

舟積いえいえとんでもないです。
小林さんはオーダーの取り回し系に燃えるかんじですか?

小林そうだね〜…もともと金型でものづくりに携わってたからかもしれないけど、その時の経験や知識をベースに自分の裁量で価格設定するのが楽しいかな。特にアルミ切削がいちばん燃えるね(笑)

3Dプリント+金型が流行ってる?

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

舟積最近増えてる金型のオーダーにも心躍るんじゃないですか?

小林と思うでしょ?それがそうでもない(笑)
樹脂も含めての見積もりになると、型だけの場合と全然違ってくるしね。

舟積あーたしかに。そして型出身としては、型の管理とか樹脂情報が気になりますよね(笑)

小林たしかに(笑)金型案件増えたしね。去年の2倍強位になってる。

購買のやりがい・仕事の内容

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

小林扱ってる商品が多いところ。動かす金額も大きいし飽きないというか。
営業からのお客様情報をもとに、自分の中で仕様や要求品質その他もろもろふまえて判断して協力会社さんに個々がそれぞれ手配するところに面白味があるかもね。

舟積同じオーダーでも担当する人によって依頼先が違ってますよね。「こんなのもできますか?」っていう相談も多いですし、それぞれが個性を活かして対応しているところも大きそうですよね。

小林うん、強引な言い方をすると僕らの仕事は「技術購買」っていうのがしっくりくるかもしれない。
営業が受けてきたお客様の要望にどう応えていくかを考えて、それを営業に提案してるからね。
だから募集要項に載せる情報が難しいんだよね。いわゆる購買部のイメージって量産の大きなメーカーとかそんな感じだから。

求める人物像

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

小林(中途なら)ガッツリ購買担当でしたっていう人よりかは、ものづくり系の営業やってましたっていう人の方が合ってるかもしれない。例えばそこで、営業は向かないかもなーって思ってる人とか。
仕事のスタンスというかやり方で言うと、短時間で密度の濃い仕事をこなすことが求められるよね。

舟積お客様だけでなく協力会社さんもだいたい18時頃には退勤されちゃうから、それまでにやりとりしておかなきゃですもんね。
優先順位の付け方はもちろんですけど、結局やっぱりコミュニケーション力が大事になってくるというか。

小林試作という仕事は1回限りということも多いから、例えば初めてのお客様からの依頼に応えられなかった場合、「忙しかった」「体調が悪かった」「たまたま不具合が起こった」とかどんな事情があろうとも、お客様にはその1回で判断されてしまうから、最前線で踏ん張る営業はいちばん大変だと思う。
それを支える僕らは僕らで社内外に挟まれる立場なので、コミュニケーションを上手くとる事が大事だなと周りを見ていて感じる。
青木さん(同部署内の仲間)が上手ですよね。どんな人にも安定した対応してる。

舟積たしかに。言葉選びが上手ですよね。適切に、シンプルに伝えるーというところですかね!

職場の雰囲気

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

小林立場に関係なくみんな「さん」付けで呼び合うとか雰囲気は良くて、社長とも普通に話せるから、(社長のことも皆「後藤さん」と呼んでいます)中小企業でものづくりに携わりたいと考えてる人にはピッタリだと思いますよ。
僕は仕事中話しかけづらい、ってたまに言われることがあるから気をつけないと…(笑)

舟積そんなことないですよ(笑)
飲み会の席での明るい小林さん見てますし、だいぶ昔から知ってるんで全然そんなイメージないです。

小林同じ金型出身といっても、舟積さんが入社した頃に僕は3Dプリントの部署に異動したので、入れ替わりになってしまったけど仲間は共通になるからお互い存在は知ってたし、みんなで飲みに行ったこともあったね。

舟積最近あまり活動できていない社内の野球チームも、新人さんとまた盛り上がれたら楽しそうですね。

新入社員へメッセージ

社員紹介 第一製造部 購買課のイメージ

コミュニケーション能力はどの部署も共通して求められますが、SOLIZE Productsの購買課の場合でいうと、「一品もの」を作っているので、問題や乗り越えなければならない課題が多い中、社内外でのやりとりがスムーズに出来るよう、普段から関係を築くということが大事です。

「ものづくりに終わりはない」と言われている中で、我々はお客様のパートナーとして価値ある試作品を適正価格でタイムリーに提供する。
それを手伝ってくれる外注先の協力会社さんに「下請け」という意識を持たずに接する心がけが重要です。

他の社員紹介も見る

社員紹介一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する