BUSINESS 事業内容・事業領域

事業内容 困難を打破し、アイデアをカタチにする
多彩なエンジニアリングサービス。

自社製品にとらわれず、特定の業界・産業にもとらわれず、あらゆるモノづくりの現場で力を発揮することで培ってきた知見とノウハウで、SOLIZE Engineering はさまざまな情熱をカタチにしていきます。

情熱をカタチにするプロ集団を派遣する、「エンジニア派遣」

自動車、エネルギー・インフラなどさまざまなモノづくりの現場に、<SOLIZE Engineering>はエンジニアを派遣する形で製品開発に貢献しています。クライアントであるメーカーがマーケティングのもと製品の原案を構想したら、私たちの出番。製品開発プロセスのスタイリング(デザイン)・設計・解析・試作・生産技術・少量生産のあらゆる行程をトータルに支援しています。クライアントの製品にかける情熱を、私たちは、私たちにしかない知見と技術力と、クライアントにも負けない情熱でカタチにしていくのです。またSOLIZE Engineeringのエンジニアは、3D CADスキルが高いだけでなく、常に業務改善を提案し実行するのが特徴。単なる3D CADオペレーターではなく、価値創出を導くエンジニアとして高い信頼をいただいています。他社よりも派遣単価が高いことがその一つの証拠でもあります。

技術・改善・コンサルティング・イノベーション・信頼

高い信頼性と技術力に期待されプロジェクトを丸ごと委託される、「受託エンジニアリング」

他に類を見ない技術・知見と高い信頼性を認められ、開発プロジェクトを一括して委託される仕事も近年急速に増えています。なぜメーカーやサプライヤーが自社で開発せず、私たちに委託していただけるのか。それは自社で行うよりも価値が高いと判断いただいているからです。価値とはつまり、QCD(品質、コスト、納期)です。変化の激しい時代では、製品の移り変わりも激しい。優れた発想でもスピーディな製品化が果たせなければ市場での成功を見込めません。しかし新しい発想をカタチにするときほど、多くの困難に直面することが予想されます。そこで、SOLIZE Engineeringが持つ高いエンジニアリング技術によって、いち早く困難を打破し、迅速かつ高品質な製品開発・製品化を果たしていくわけです。また近年は「異業種から製造業への参入」というケースも増えています。たとえば、化学品メーカーや製薬メーカーが医療機器の開発に参入するというケース。しかし製薬メーカーは薬を開発する力を持っていても、製造業におけるメカニカルな知見や技術がありません。そこで、SOLIZEグループのグループ力を含めた私たちのエンジニアリング技術が活かされるのです。

多彩な現場で培った経験から生まれた、
「3D CAD教育/スキル診断」
「3D CAD運用コンサルティング」

それぞれの企業、業界にはそれぞれの流儀や習慣があります。SOLIZE Engineeringは長年の間、さまざまな企業・業界のモノづくりに携わり続けたことで、 単独メーカーでは持ち得ない3D設計や3D CAD導入に関する多様なナレッジを蓄積することができています。「SOLIZE Engineeringの3Dスキルを自社にも導入したい」。こんなクライアントの声をたくさんいただいた結果、3D設計の生産性を向上させる「3D CAD教育」サービスや2000名以上の社内外の教育実績とノウハウからエンジニアの3D CADスキルを定量的に測る「スキル診断」サービスを展開することになりました。また、3D CADを効率的に使うために、さまざまな開発環境で実績を積んだエンジニアが、クライアントの開発環境に即した運用/工程構築をサポートする「3D CAD運用コンサルティング」業務も行っています。

事業領域 世界的ニーズに応え、
世界のすみずみへと価値提供を。

多岐に渡る産業にエンジニアリングを提供し、さまざまな製品製造に貢献してきたSOLIZE Engineering 。多様なモノづくりに貢献できる技術レベル向上にこれまで以上に取り組みながらも、国内外のニーズや地球規模の社会環境の変化にも対応し、私たちは重点産業を定めた戦略的な価値提供を行っていきます。

自動車、エネルギー・インフラ。将来性豊かな産業へ注力。

国連の「世界人口白書」によれば2014年の世界人口は72億人。今後も増え続け約10年後の2025年には80億人、30年後には90億人に到達するという予測もされています(国連人口基金より)。また今後、途上国と呼ばれていた国々が新興国となり、新興国と呼ばれていた国が先進国と呼ばれるように。世界人口増加と世界的経済発展のスピードはますます加速していきます。それによりさまざまな産業が成長を果たしていきますが、中でも私たちが注目するのが、自動車とエネルギー・インフラ。市場の絶大なポテンシャルに加え、SOLIZE Engineering が培ってきたエンジニアリング技術を存分に活かしていける産業です。ここに私たちは、重点的・戦略的にサービス拡大を図っていきます。

  • 【自動車】人口増加に比例して増える自動車。世界の自動車保有台数は2012年時点で11億台ですが、30年後には25億台になるという予測も。SOLIZE Engineering はこれまでも国内大手自動車メーカーとの協働によって、多くの車両開発・製造に携わってきました。長年この分野でサービス提供してきたことで、車作りに精通した知見・技術を蓄積しています。それを強みに、世界的需要に応えていきます。
  • 【エネルギー・インフラ】エネルギー需要量は経済成長率および人口に大きく左右されます。新興国を中心とした世界のインフラ市場は急激な成長が見込まれ、先進国においても太陽光・太陽熱・風力など再生可能エネルギーに対する需要が高まり続けています。この分野ではすでにSOLIZE Engineering は、大手重工メーカーとのエネルギー・インフラ開発実績が多数。さらなる価値提供の拡大を図っていきます。