FAQ

FAQ

会社について

Q SOLIZEグループの強みを教えてください。
A 私たちは、人が知恵を出すべきところはどこか、ITや製造技術で実行すべきところはどこかを明確化して、「知恵」と「技術」の融合で高い価値を生み出すことに取り組んでいます。業務上、強く意識しているのは、「SOLIZEは、ここまでやるか」と言われるまでやりきり、お客様に感動していただくことです。技術を理解したメンバーがお客様と一緒に働き、課題の「本質」を把握した上で、成果をカタチにすることにこだわっています。
Q 今後、力を入れていく領域はどこですか。
A 現在、戦略的にサービス拡大・拡充を図っているのが、『自動車』、『エネルギー・インフラ』領域です。国内外で将来性豊かな産業として注目され、世界的な人口増加と多くの国々の社会発展を背景にしたマーケット拡大が予測されています。そしてこれらの領域はすべて、SOLIZE Engineeringが培ってきたエンジニアリング技術を存分に活かしていくことのできるフィールドでもあります。

働き方について

Q SOLIZE Engineeringでは、どのような働き方ができますか。
A SOLIZE Engineeringでは、特定の業界や製品に縛られずに幅広いカテゴリーの製品開発・技術開発の現場で働くことができます。つまり、得られる知見・磨ける技術に制約がないということです。全国各地で多様な開発に携わるエンジニア同士で知見を共有し合う機会も多数あります。さまざまな領域の知見・技術を得ることで、どんな時代になっても社会環境がどう変化しようと、この広い世の中から必要とされるエンジニアになっていくことができます。
Q 転勤は、多いのでしょうか。
A 傾向としては少ないです。それは、SOLIZE Engineeringのエンジニアが、担当の開発現場での働きが認められてクライアントから「あなたには、この開発に長く携わって欲しい」と思っていただけることが多いからです。ただし一方で、人財育成の観点から多様な領域の開発にも携わって欲しいという想いを込めたジョブローテーションも積極的に推進しています。あなたの希望も伺いながら、多様な開発現場にチャレンジすることができる環境があります。
Q 将来、どのようなキャリアパスが描けますか。
A 将来のキャリアは一人ひとりの志向によって描かれていくべきだと考えますが、その実現に向けた支援も私たちは重要だと捉えています。たとえば、生涯エンジニアとして生きていこうと思う人は、広い世の中から求められるエンジニアになるための力を磨く機会を。培った技術・知見を活かしてビジネスの創造や拡大に力を注ぎたいという人は、マネジメント能力やビジネス開発に関わる能力を磨く機会を提供していきます。

研修について

Q どのような研修がありますか。
A まず挙げられるのは3ヶ月間の入社時研修です。受講者の多くが「これまでの人生で一番勉強した」と言うほど、濃密な時間を過ごすことで文系卒社員も含めた全員が、クライアント先で確実に業務遂行し信頼関係を構築できる力を身につけています。またその後も、拠点別技術報告会や各種技術習得研修、ジャンルを問わない有志勉強会、プロジェクトマネジメント能力・課題解決能力を養う機会など、ステージごとに多様な研修が整備されています。

応募について

Q 成績証明書、健康診断書、卒業見込証明書は必要でしょうか?
A 選考が進んだ段階で、提出のお願いをする場合があります。事前に準備いただく必要はありません。