3分でわかる
SOLIZE Engineeringでの働き方

【正社員、技術のスペシャリスト】

私たちのビジネスモデルは、技術者派遣と呼ばれています。“派遣”という言葉が入っていることで、世の中からは少し誤解されることも・・・。しかしSOLIZE Engineeringは、一般的な登録型派遣とはまったく異なる働き方です。雇用形態は、「正社員」。当然のことですが、安定した収入、研修制度や産休・育休など待遇面も十分に整っています。


そして重要なのは、単なる労働力の提供ではなく、他にない技術力・専門スキルを以てクライアントの製品開発を支援しているという点。「人手が足りないから」ではなく、「SOLIZEの技術者がいなければ実現できない」という理由で、各企業から信頼をいただいています。

【多様なモノづくりの現場で働き、
急速な成長を】

多くの成長機会があります。3ヶ月間の入社時研修では3D CADやMBDを中心に、技術者として胸を張れるだけの知見を習得。その後も拠点別技術報告会や各種技術習得研修などステージごとに多彩な研修が用意されています。


また技術者派遣というモデルが、技術者個人のスキルアップに直結していることもSOLIZE Engineeringの働き方の特徴。多様な業界・企業と取引がありますから、自社製品にしばられず、特定の業界・産業にもしばられず、さまざまなモノづくりの現場で働くチャンスに溢れています。

【モノづくりに不可欠な存在として】

技術者派遣ビジネス市場規模推移

グローバル競争の激化などもあり多くの企業で、迅速かつ多彩な技術革新、新製品開発が求められています。しかし、単独の企業が抱える技術者だけでできることには限界があります。その限界を突破し、次々と価値創出を行っていくため、希有な技術力と知見を提供する技術者派遣というビジネスが今、広く求められています。

出典:人材ビジネスの現状と展望2017/株式会社 矢野経済研究所