VOICES こんな会社にしたい

SOLIZE社員がホンネで語ります。

  • 新たな知識を貪欲に吸収し、常に自己成長を考えていけるエンジニアで溢れた会社にすること。

    ■木田昌樹(09年入社) 健康科学部人間環境デザイン学科出身

  • より高い付加価値を創出できる会社へ。

    誰にでもできる仕事をしていたら、低コストの外国企業に仕事は流れていきます。多くのクライアントに「SOLIZE Engineeringにしか頼めない」と言ってもらえるようにするためには、私たちにしかできないことは何か、しっかり考え実践していくことが大事だと思っています。

    ■垣内悠(12年入社) 工学科信頼性情報システム工学出身

  • 各国のエンジニアが情熱をぶつけ合う会社に。

    人と人との間に絆があり、エンジニア同士が想いを熱く語り合えるような会社にしていきたいですね。お互いに影響を与え合い、活き活きとやる気が沸いてくるような組織にできたらと思っています。現在は中国事業をさらなる成長軌道に乗せていくことが私のミッションですが、成果を残したらまた別の国で事業立ち上げにもチャレンジしたい。そして、多国籍なエンジニアが刺激し合っている未来を実現したいと考えています。

    ■中島直樹(03年入社) 理工学部応用化学科出身

  • 何歳になっても成長できる会社へ。

    ベテランになっても活躍の場があり成長機会もあり、いくつになっても会社から必要とされていると社員が感じられる会社にしていきたい。

    ■一之瀬誠(01年入社) 機械工学科出身

  • 好奇心旺盛な会社。

    ■石井峻(12年入社) 理工学部マイクロ機械システム工学科出身

  • エンジニアが誇りを持っている会社。

    自分たちの仕事に誇りを持ち、手がけた製品を自信持って周りの家族や友人たちに勧められる。そんな会社にしていきたい。

    ■櫻井文嶺(06年入社) 工学部システム創成学科出身

  • 若手が会社を牽引する未来。

    世の中にあるどの企業も新しいことに取り組んでいますが、SOLIZE Engineeringが他社と異なるのは、若手の意見が上位層に届き可能性があれば行動に移せることです。自分からビジネスのチャンスを探し、提案につなげる人も多いですね。今後ますます若手エンジニアがチャレンジを重ねていき、会社を牽引していけるようになるといいと考えています。

    ■古山浩之(06年入社) 工学部経営工学学科出身

  • リスクを恐れすぎない、積極的なチャレンジが当たり前の会社に。

    ■中川裕貴(05年入社) 工学部機械システム工学科出身

  • 人が集まり、ワクワクが膨らんでいく。

    「モノづくりを通してより高いステージへ行きたい」「より新しい技術で世界を驚かせたい」といった野心溢れる人材が集まってくる会社にしたいですね。

    ■福嶋理樹(06年入社) 工学部機械システム工学科出身

  • 多様性あるエンジニアリングカンパニーに。

    どんな時代にも、世の中のニーズに応えられるチームをつくっていきたい。そのためには、多様な価値観や発想、技術を持つエンジニアたちが「ああでもない、こうでもない」と常に会話をしているような、そんな会社にしたいですね。

    ■菊地広二(13年入社) 理工学研究科数理科学専攻出身