SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

二次工程(真空注型)

真空注型

真空注型のイメージ

光造形品や切削加工品をマスターモデルに、シリコンゴムで反転型を製作し、ウレタンまたはエポキシ材料で複製品を製作する工法です。

ABSライクやPPライク、耐熱材料などさまざまな材料を取り扱っており、実験目的に合わせて最適な材料を提案します。

真空注型材料

材料 特徴
ABSライク 曲げ弾性率2000MPa付近のABSに近い硬さの材料。
100℃耐熱のグレードもあります。
PPライク 曲げ弾性率1500MPa付近のPPに近い硬さの材料。
ウレタンゴム 一般材は硬度40~90度の範囲で硬度調整が可能です。
40度以下の軟質材料、90度以上の硬質材料もあります。
耐熱材料 100℃~ 200℃の範囲で材料の選定が可能です。
透明材料 可視化用途に最適。エポキシ、110℃耐熱など、豊富なバリエーションから選定が可能です。
難燃材料 V0認定材。UL94-V0材料の指定が可能です。
遮光材料 バックライトなど遮光が必要な部品に最適です。
帯電防止材料 通紙部のガイド部品に最適です。
発泡材料 衝撃吸収用のパッド部品など、発泡材料の注型が可能。シリコン型、樹脂型ともに対応可能です。
6ナイロン注型 ガラス無し・ガラス15%入り・30%入りの3種。
シリコンゴム注型 パッキン、キーボタンなどに最適です。
樹脂型にシリコンを注入して製作します。

SOLIZEのサービスは3Dプリントだけに留まりません。
TEL:046-408-0131(営業部)/
MAIL:info.sp@solize.com

お問い合わせ

その他の二次加工

3Dプリンティングエンジニアリングサービス
一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する