SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

HP Jet Fusion 3D 4200

新方式の Jet Fusion Technologyを採用し、高い生産性、高い材料物性を実現

プロトタイプ、プロダクションのあり方を変革する3Dプリンター

プロトタイプ、プロダクションのあり方を変革する3Dプリンターのイメージ

新しい造形方式
インクジェットと熱反応による新しい造形方式
新方式 Jet Fusion Technology
窒素など不活性ガスによるパージが不要で、付帯機器の構成がシンプル
高い生産能力
高速造形が可能。高いスループットを実現
2台以上のビルドユニットを活用し、連続段取りが可能
プロセッシングステーションに高速冷却機能を内蔵
高い材料物性
強靭な12ナイロンが使用可能
異方性が少なく、高い材料物性を実現
材料はリサイクル可能。最適なバージン材の配合比率で材料ロスが少ない

造形の原理

Fusing Agentをインクジェットで印刷後、赤外線波長のヒーターで加熱し、熱反応で溶融。面単位で溶融させるため、高速造形が可能です。

造形の原理のイメージ

対応材料

現行のPA12、PA12GB(ガラスビーズ)材料に加え、PA11、難燃特性を備えた材料、エラストマーなど、幅広いサーモプラスチック素材を提供予定。異方性が少なく、プロダクションにも使用可能な高い材料物性を実現します。

HP Jet Fusion 3D 4200 対応材料表

材質名 特徴
PA11

高い延性を持ち、柔軟性を備えた高品質パーツの生産が可能

PA12

丈夫で低コストな高品質パーツの生産が可能

PA12GB

剛性を備えた低コストな高品質パーツの生産が可能

HP Jet Fusion 3D 4200 スペック一覧

HP Jet Fusion 3D 4200プリンター
プリンター機能 テクノロジー HP Jet Fusion テクノロジー
モデリングエリア 380 x 284 x 380 mm
モデリングスピード 4000 cm³/hr(244 in³/hr)
レイヤー厚 0.08mm固定
プリント解像度(x, y) 1200 dpi
寸法
(幅×奥行き×高さ)
プリンター 2210 x 1200 x 1448 mm
出荷梱包外寸 2300 x 1325 x 2068 mm
オペレーションエリア 3700 x 3700 x 2500 mm
重量 プリンター 750 kg
出荷梱包重量 945 kg
ネットワーク 以下の規格に準拠するギガビットイーサネット
(10/100/1000Base-T):TCP/IP、DHCP(IPv4のみ)、TLS/SSL 
ハードディスク 2TB(AES-128暗号化、FIPS 140、ディスクワイプDoD 5220M) 
ソフトウェア 同梱ソフトウェア HP SmartStream 3D Build Manager
HP SmartStream 3D Command Center
サポートファイル形式 3mf、stl
認証済みサードパーティ製ソフトウェア HP用Autodesk® Netfabb® Engine、
HP Jet Fusion 用Materialise
Build Processor搭載Materialise Magics
電源 消費電力 9 〜 11 kW(標準)
要件 三相入力電圧200 -240V (±10%)
50/60Hz 最大48A
適合規格 安全性 IEC 60950-1+A1+A2 準拠、
米国およびカナダ(UL規格認証済)、
EU(LVDおよびMD準拠、EN60950-1、
EN12100-1、EN60204-1、
およびEN1010)
電磁適合性 以下を含むClass A基準に準拠:
米国(FCCルール)、カナダ(ICES)、
欧州連合(EMC指令)、オーストラリア(ACMA)、ニュージーランド(RSM)
環境基準 REACH
適用される保証およびサービス 1年間標準保証
HP Jet Fusion 4200 プロセッシングステーション、高速冷却機能搭載(※1)
特徴 HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション
自動ミックス、自動振るい、自動充填、
半手動取り出し、急冷、外付けストレージタンク(大容量素材カートリッジ対応)
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)  
HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション
3121 x 1571 x 2400 mm
出荷梱包外寸
HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション
3499 x 1176 x 2180 mm
オペレーションエリア
HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション
3321 x 3071 x 2500 mm
重量 HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション
480 kg
HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション(装填済)
810 kg
出荷
HP Jet Fusion ファーストクーリング
プロセッシングステーション
620 kg
電源 消費電力  2.6 kW(標準)
要件  単相入力電圧200〜240 V(線間)、
最大19A、50/60 Hz / 220〜240 V(ライン中性点間)、最大14A、50Hz
適合規格 安全性  UL2011、UL508A、NFPA、
C22.2 NO.13〜14準拠、
米国およびカナダ(UL規格認証済)、
欧州連合(MD準拠、EN60204-1、
EN12100-1およびEN1010)
電磁適合性  以下を含むClass A基準に準拠:
米国(FCCルール)、カナダ(ICES)、欧州連合(EMC指令)、オーストラリア(ACMA)、ニュージーランド(RSM)
環境基準  REACH
適用される保証およびサービス 1年間標準保証
  • ※詳細はこちらからお問い合わせください。
  • ※1:高速冷却機能は、高速冷却機能搭載HP Jet Fusion 3Dプロセッシングステーションで使用できます。2016年4月に実施されたテストでは、高速冷却機能搭載のHP Jet Fusion 3Dプロセッシングステーションのパーツ冷却時間は、SLSプリンターソリューション($100,000USDから$450,000USD)のメーカー推奨時間に比べ、さらに加速化されています。FDMは該当しません。
    連続プリントには、追加のHP Jet Fusion 3Dビルドユニットが必要です(標準プリンター構成時にはHP Jet Fusion 3Dビルドユニットが1台含まれています)。
    社内テストとシミュレーションによると、HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションの平均プリント時間は、2016年4月現在市販されているFDMおよびSLSプリンターソリューション($100,000USDから$300,000USD)の平均プリント時間より、最大10倍の速さを記録しました。
    HP Jet Fusion 4210/4200プリンティングソリューションのテスト変数:パーツ数量20%の充填密度で、HP Jet Fusion3D製造の造型チャンバー1個分に対し、上記の同等デバイスでプリントした同数のパーツを比較、パーツサイズ:30cm³、レイヤー厚:0.08mm/0.003インチ。

3Dプリンターに関する質問相談・資料請求を受け付けています。
TEL:046-408-0141(AMシステム部)/
E-mail:contact.sp@solize.com

資料請求/お問い合わせ

その他のHP社製 3Dプリンター販売・保守

3Dプリンティングエンジニアリングサービス
一覧へ戻る