SOLIZE株式会社

Alt Viz

Alt Vizは、人間の単純な視覚による判断を代替させる
SOLIZEの製造業向けに特化した画像解析AIの製品・サービスの総称です

単純な目視作業はAIに
創造的なシゴトは人間に

Alt Vizは、人間の単純な視覚による判断を代替させる
SOLIZEの製造業向けに特化した画像解析AIの製品・サービスの総称です

AI技術の活用・導入にあたり、
このようなお悩みはありませんか?

  • 予算に見合う最適な
    AI技術を活用・導入したい

  • 自社内のデータを
    どのように作成・活用
    すればよいのかがわからない

  • 自社内にAI技術を適用後に
    どのように運用すれば
    よいのかがわからない

SOLIZEは、製品開発で培った経験をもとに、
お客さまの課題を理解し、ニーズに応じて提案します。

製造業向けに特化
した画像解析AI開発

  • 長年にわたり製品開発で培った経験をもとにお客さまの真の課題を把握し、効果の最大化が見込める最適な画像解析AIを実装します。
  • 熟練者の判断を代替させる画像解析AIを適用します。
製造業向けに特化した画像解析AI開発

人材育成

  • 深層学習ベースのAI開発スキルを有するエンジニアが多数在籍しています。
  • お客さま先にて3ケ月で育成が可能なAI研修を提供します。
人材育成

ワンストップでご提案

  • 要件定義から、PoC開発・PoC検証、本開発・本検証、運用保守までトータルにカバーします。
Alt Viz ワンストップでご提案

サービス

製造業の上流工程から下流工程にいたるまで、包括的なAIサービスをご用意しています。

設計開発

図面比較ツール

検図作業を省力化し、設計変更による
損失リスクを軽減したい

効率よく図面を比較できるツールを提供

試作・生産準備

デジタルツインソリューション

仮想空間で製品の形状を確認したい

デジタルツインにより3次元データと
実物の比較ができる環境を構築

製造(組み立て・加工・検査)

設備予知保全ソリューション

製造設備の予知保全を行い、生産ラインを
止めることなく円滑に稼働させたい

画像認識AIを用いて設備の稼働状況を監視させ、
異常時に通知する環境を構築

製造(組み立て・加工・検査)

製品異常検知ソリューション

不良品を効率よく検出し、
省力化させたい

画像認識AIを用いた良品・不良品判定システムを構築

製造(組み立て・加工・検査)

安全具装備点検ソリューション

作業者の安全具の装備をAIに点検させて、
効率よく労働災害リスクを低減したい

画像認識AIを用いて安全具の装備点検する環境を構築

製造(組み立て・加工・検査)

危険区域侵入検知ソリューション

労働災害を防止し、
安全な労働環境を構築したい

画像認識AIを用いて製造現場における危険区域への作業者の侵入を検出し通知する環境を構築

物流・販売・サービス

在庫管理ソリューション

製品の棚卸・検品作業を
効率化したい

画像認識AIを用いた検品作業の効率化、および入荷・保管・出荷の見える化が可能となる環境を構築

商品企画

クラスタリングツール

競合他社の製品や市場の調査を行い、
戦略的な企画を行いたい

クラスタリングツールを提供(構造化データ、画像など)

紹介動画

図面比較ツール

2つの図面を、図面全体だけでなく、ビューごとに分解して比較することが可能です。人が位置合わせの操作をする必要がありません。
※現在特許出願中です。

安全具装備点検
ソリューション

ヘルメットの装着・非装着を検出できます。お客さまの環境に合わせて、ヘルメット以外の安全具の検出も可能です。

危険区域侵入検知
ソリューション

映像内で指定した区域に人が侵入した場合に警告を出します。骨格単位で検出できるため、きめ細やかな侵入度合いの定義が可能です。

導入事例

三菱重工業株式会社(長崎造船所) ローター翼植えの作業分析をAIで代替

三菱重工業様は製造現場改善のため、IE(Industrial Engineering)を活用して製造の工程および作業における3M(ムリ・ムダ・ムラ)を明確にしようとしていました。

しかしVTR分析は、作業撮影動画から作業を分析するには作業撮影動画の記録時間とほぼ同じ時間を必要とし、多大な人手と時間を要するものでした。そのため、積極的にVTR分析を活用できない状況でした。

そこでSOLIZEは、画像解析AI技術を用いたVTR分析の省力化を検討しました。

As Is:作業撮影動画の作業分類・分析を人が実施

STEP1

人が動画から目視で作業を分類
・抜け漏れのリスクが高い
・ほかの業務ができない
・データの整形作業が必要

STEP2

人が分類したデータを手動でグラフ化

To Be:作業撮影動画の作業分類・分析をAIで自動化

STEP1

AIが動画から自動で工具を検出し、検出した工具にもとづいて作業を分類
・抜け漏れのリスクが低い
・ほかの業務ができる
・データの整形作業が不要

STEP2

AIが分類したデータを自動でグラフ化

導入事例を詳しく見る

お問い合わせ

お気軽にご質問・ご相談ください。