SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

ものづくり情報伝達の3D化

ものづくり情報伝達の3D化のイメージ

対象:自動車業界をはじめとする製造業各社

目的

グローバル製品仕様・バリエーション増加に対する3D単独図を用いた情報伝達品質向上および効率化

課題

  • グローバル化に伴う多品種少量生産に伴い、数百におよび部品種類・バリエーションが増加したことにより作図業務量が膨大となり、設計者が設計検討に十分な時間を割けない
  • 既存の情報伝達に3D CADと2次元図面を併用しているため、部品種類・バリエーション増加に伴い、これまで以上に変換・転記ミスによる設計変更や手戻りが増加している
  • 3次元データを活用した情報伝達改善には現場の巻き込みおよび現場と協調した活動が必須だが、関連部署・拠点が多く活動が非常に困難である

SOLIZEの役割

  • 変革推進
    ・お客様の設計・製造現場に入り込み、共に変革活動を実行
    ・3D単独図化の実現に向け全社一丸となって取り組むための、合意形成の場の設定・ファシリテーション
    ・3次元化に消極的な関係部署を動かす、合意形成の場の設定・ファシリテーション
  • 技術変革
    ・3D単独図の最適なアウトプット形式の決定(プロトタイプデータの構築・評価)
    ・3次元軽量データ変換における諸課題の解決(データ形式選定、変換精度、リードタイム、閲覧時のレスポンスなど)
    ・3D単独図の運用に必要なIT設備の選定
  • プロセス変革
    ・データ形式だけでなく、承認方法・長期保管・セキュリティ要件まで考慮した運用プロセス・ルールの策定
    ・現場張り付きで実務適用をサポート(課題集約・改善)
    ・ITリテラシーや言語に依らず、工場現場作業者でも3次元データを使いこなせる、シンプルな業務設計と操作教育

効果

  • 01. 設計者の作図工数 50%削減
  • 02. 作図ミスによる設計変更・手戻り削減
  • 03. 情報伝達精度向上による後工程・海外拠点の業務効率化

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る