SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

動的知識活用による次世代開発スタイルの実現

動的知識活用による次世代開発スタイルの実現のイメージ

[背景・課題] 熟練者の暗黙知をモデル化・デジタル化し最大活用することが急務

自動車等の量産型製造業では、ニーズの高度化・多様化、規制変化等の即時対応を可能とする商品開発スピードとフレキシビリティを獲得することが求められています。

しかし、現在の開発業務は、業務量増加に対し、分業・細分化による個別最適が進み、各技術者の視野・技術・責任範囲は限定的となっています。そのため、製品全体を俯瞰して開発スピード・品質・コストを高度に実現できる設計者は育ちにくく、熟練設計者による定期デザインレビューへの依存がますます増加しています。その結果、技術検証カバレッジのばらつきによるリスク検知漏れ・手戻りを人海戦術で対応することで、工数は肥大化、期間は増長し続けています。さらに、熟練設計者の高齢化・定年退職により、その状況は深刻化しています。

[アプローチ] 熟練暗黙知の形式知化×AIで支援する設計開発の高速化・効率化

SOLIZEは、熟練設計者による検討・判断結果に関する膨大な情報・実績データを独自の自然言語系AIに学習させ、モデル化し、暗黙的で高度なものの見方・考え方を再現性ある仕組みにします。それにより、誰もが熟練設計者同様の部門横断的な英知をセルフ・リアルタイムに活用可能とするだけでなく、その結果と根拠を蓄積し、仕組みを進化させ続けるサイクルも実現します。

これにより、商品開発の高速化・効率化を実現し、お客様の競争力向上に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る