SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

MBSE最大活用による車載制御システム開発変革

MBSE最大活用による車載制御システム開発変革のイメージ

[背景・課題] 上流工程のブラックボックス化によりMBD導入効果が限定的

自動車産業に押し寄せる「CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)」の波により、制御システム開発の比重は急速に増大しています。それらは、多機能・高性能・複数システムが連携することで、ますます複雑化・大規模化しています。その中で各社は、効率化施策としてMBDモデル検証の導入を推進していますが、期待通りの成果を得られているとは言い難い状況です。

その主たる原因は、上流の要求定義から制御仕様化までのプロセスが擦り合わせ型の熟練開発者に依存していることにあります。そのため、検討過程や決定や変更の根拠などの重要情報が残っていないうえ、場当たり的な修正や流用を繰り返した結果、制御目的や内部構造、動作原理がブラックボックス化してしまっています。その結果、上流で行うモデル検証の精度やメリハリあるテストカバレッジ向上ができず、リスク検知の漏れや生産性低下が発生しています。

[アプローチ] 熟練者の検討体系を形式知化し上流工程からシームレスに繋ぐ

SOLIZEは、熟練開発者への依存やブラックボックス化した要求定義から制御仕様化までのプロセスをSysML/UMLやUSDMなどのMBSE手法を活用して紐解き、理論化します。そして、誰もが高品質な制御仕様を定義できる仕組みを構築し、要求定義 - アーキテクチャ設計 - モデル検証 - 制御仕様化 - テストをシームレスに繋ぐことで、制御システム開発の効率化・品質向上や、OEMとサプライヤー間での最適な業務分担を実現します。

これにより、CASEという大きな変化に臨む、お客様の開発競争力向上に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る