SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

生産工程設計のデジタル化・自動化変革

生産工程設計のデジタル化・自動化変革のイメージ

[背景・課題] マスカスタマイゼーション実現への鍵となる熟練者の暗黙知

量産型製造業の生産工程は、ニーズの多様化・複雑化に起因する多品種小量生産へ移行しています。さらに、国内製造業の労働人口減少・新興国の人件費高騰等も相まって、生産ラインの立ち上げスピード向上、省人化/自動化、フレキシブル生産システム等の重要度が増しています。

しかし、現状の生産技術における企画・詳細設計 (工程設計から生産準備)や生産能力・工程能力の実現や維持に関する高度な業務は、熟練技術者による製品設計段階からの部門横断的な作りこみや現場擦り合わせ等の暗黙的な技術力と管理力への依存度が高く、効率化や機械化・システム化は進んでいません。熟練技術者の高齢化・定年退職により、その状況は深刻化しています。

[アプローチ] 熟練暗黙知を形式知化し、生産工程のデジタル化・自動化を推進

SOLIZEは熟練技術者のコアな暗黙的判断を理論化・数値化し、3D等のデジタルデータを主としたバーチャル環境での生産能力・工程能力 (リードタイム・品質・コスト) 、成立性検証、最適なライン仕様/制御仕様/機械設備等の導出、自動工程設計までの実現や、生産状況のリアルタイムモニタリング/対策による生産能力・工程能力の安定化に向けた仕組みづくりを支援します。

これにより、柔軟で競争力ある生産能力を提供し、お客様の事業の競争力向上に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る