SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

ものづくり情報伝達の3D化

ものづくり情報伝達の3D化のイメージ

[背景・課題] 3Dデータと2D図面の併用が設計工数を圧迫

自動車や電機などの量産型製造業において各社は3D設計へシフトしてきました。しかし、現場の情報伝達は3Dデータと2D図面を併用している場合が多いため、作図工数は一向に減らないばかりか、データ変換・転記ミスによる設計変更・手戻り・不具合対応等が増加しています。

その結果、設計者が本来実施すべき重要な設計検討に十分な時間を割けないことに起因する後工程からの大きな課題対応で、工数は肥大化し続けています。さらに、市場ニーズの多様化・高度化に対応する機種バリエーションの増加も相まって、人海戦術での対応も限界に近づいています。

[アプローチ] 設計と製造を3D一気通貫で繋ぐ情報インフラを構築

SOLIZEは、社内外の設計製造現場で実証・蓄積してきた豊富なノウハウを活用し、さまざまな目的や状況に合致した3Dデータの一気通貫での業務プロセスを再構築します。最適な3D単独図のアウトプット形式の定義 (用途に合致した情報量・質の最適化、プロトタイプデータ整備) と運用ルールの整備、IT機器の選定、教育、量産でのPDCA伴走までをトータルサポートすることで、3D単独図での情報インフラを構築します。

これにより、3D・2D併用に起因する負荷を最小化し、お客様の開発生産性向上に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る