SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

匠の暗黙的技能の形式知化による技術伝承

匠の暗黙的技能の形式知化による技術伝承のイメージ

[背景・課題] 失われつつある匠の技能により事業継続性リスクが顕在化

製造業は、ニーズの多様化・複雑化により実現難易度が増す一方で、それらを担う熟練技術者の定年退職や人材不足に起因するリスクが顕在化し、技術継承の効率化・短期化がますます重要になっています。

しかし、熟練技術者の経験と勘に基づくコアなノウハウ(匠の技能)が暗黙知となって解明できていない場合が多いため、大量のマニュアルや研修メニューは整備するものの、結局はOJT頼みの長期間育成から脱却できていません。

[アプローチ] 熟練暗黙知の形式知化×AIで支援する匠の技能伝承

SOLIZEは、熟練技術者の匠の技能を「知覚」、「解釈」、「決断」、「実行」の4つのプロセスに分類してとらえ、このフレームワークを用いて解明します。「知覚」、「解釈」のように、熟練技術者自身でも説明できないような感覚的な状況把握は深層学習モデルで再現できるよう構築し、「決断」、「実行」という特定された状況に対する論理的な行動の選択はルールベースの仕組みを構築することで、匠の技能をAIで代替または誰もが再現することを可能とします。

これにより、技能伝承の効率化・短期化を実現し、お客様の事業リスク低減に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る