SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

プロセス整流化×AIによる建築設計変革

プロセス整流化×AIによる建築設計変革のイメージ

[背景・課題] 建設需要の急増に伴い生産性向上に向けた対策が急務

建設需要は依然旺盛で、今後も高い水準で推移する予測がある一方で、不況からの急回復に伴う人員不足・負荷増加の顕著化や働き方改革の政策により、生産性向上への取り組みが必要不可欠です。

しかし、現状の建築設計業務は、発注者の仕様確定遅れや変更が発生しやすく、それを関連組織間での仮検討、修正、擦り合わせの繰り返しで対応する後追い型業務であるため工数は肥大化し、技術は熟練者への属人化が進み、効率化や若手技術者育成が困難な状況です。

[アプローチ] プロセス整流化×AIによる建築設計生産性向上と育成強化

SOLIZEは、熟練設計者の暗黙的コア技術を形式知化し、手戻りの要因や対処方法の解明による重要検討のフロントローディングや、関連組織間のインターフェース情報、精度、形式を明確にすることで図面を削減・省力化し、手戻りと変更影響が最小の整流化された業務プロセスを実現します。また、熟練設計者の検討過程や参照情報(類似設計・トラブル等)に関する膨大なデータを独自の自然言語系AIに学習させ、モデル化することで、熟練技術をデジタル化し、誰もが動的に活用できる仕組みを提供します。

これにより、建築設計の生産性向上と若手育成を実現し、お客様の競争力向上に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る