SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

飛躍的変革を実現するシステム要件定義の高度化

飛躍的変革を実現するシステム要件定義の高度化のイメージ

[背景・課題] 「手段の目的化」や「現状プロセスのまま」で陥るIT投資の罠

魅力的な商品開発やチャネルの多様化が加速する中、それらを支える業務基盤の柔軟性、効率および品質強化へ向けた変革が重要ですが、システム開発を含んだ変革活動は、納期遅延、予算超過、効果未達等が多く発生しています。

それには構想段階と要件定義段階の2つに大きな要因があります。構想段階での誤りは「手段の目的化」です。変革目的・目標の実現に向けた課題分析や合意形成が曖昧なまま、システムの導入や刷新等の方策ありきで進めてしまい、課題解決に非効率な方策実現に邁進してしまうことです。要件定義段階での誤りは、業務分析が表層的で、「現状の業務のまま」かつ「定型業務のみ」を要件化してしまい、これまでの非効率や非定型・高度業務の熟練依存をシステムが内包してしまうことです。結果、カスタマイズ増加の反面、投資対効果は限定的あるいは未達となり、現場も疲弊していくばかりです。

[アプローチ] 熟練暗黙知まで踏み込む可視化をもとに競争力強化に直結する業務要件を解明

SOLIZEは、徹底した事実の可視化により、経営課題解決に向けた要因を定量的・構造的に解明することで対策手段群の網羅性、納得性、客観性を担保し、最短距離で効果に直結する活動を実現します。競争力の源泉となる熟練者の暗黙的判断を見極め、形式知化し、業務を抜本的に再設計することで、業務要件を抽出・影響度・優先度を明確化し、システム要件検討を支援します。

これにより、本質的な事業課題を解決し、業務の品質、コスト、迅速性を最適化します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る