SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

変革エンジニアリングの特徴

徹底的な可視化からはじめる変革

SOLIZE独自のフレームワークで現状の業務を徹底的に可視化し、分析することで、お客様が目指す状態(To Be)と現状(As Is)の定量的なギャップを明らかにします。

また、課題と業務との因果関係を一つの構造として認識できるようにし、それを共通言語とした変革プランを立案することで、組織が一丸となって取り組む推進力を生み出します。

徹底的な可視化からはじめる変革のイメージ

暗黙知を解き明かし「知」を創造する

強みの源泉となる現場の暗黙知を解き明かすために、私たちは人の「判断」に着目しています。エキスパートの業務を詳細に分解し、「単純作業」と「選択的判断」「高度な判断」の3つのレベルに峻別することで、目指す業務のあり方の実現を念頭に、人とシステムの最適な実行プロセスを設計します。

プロセスの実行においては、暗黙知の形式知化技術によって再現性のある組織知として幅広くノウハウを展開し、企業のパフォーマンスを向上させます。また、エキスパートはより価値の高い業務に取り組むことで、新たな「知」の創造につなげることができます。

暗黙知を解き明かし「知」を創造するのイメージ

知恵と技術を掛け合わせ、真の競争力を強化する

可視化によって明らかになった課題を踏まえ、業務、組織、人、技術のすべてを抜本的に再構築します。

システム開発を伴う変革においては、画一的なソリューションを適用するのではなく、自社の強みに先進技術を掛け合わせ、他社に対する競争力を強化します。

知恵と技術を掛け合わせ、真の競争力を強化するのイメージ

継続的な変革の土壌をつくり上げる

変革の構想から構築、実践、運用まで、現場に深く入り込みながらお客様と一体となって変革活動を推進します。
また、一連の変革活動における体験と手法の伝達を通じて、次世代のリーダー育成を支援し、継続的な変革の土壌をつくり上げます。

継続的な変革の土壌をつくり上げるのイメージ

変革テーマ例

変革エンジニアリングサービス一覧へ戻る