SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

PhiSystem

MBSEサポートツール

SOLIZEはSHERPA Engineering社(フランス)とのパートナーシップにより、MBSE(モデルベースシステムズエンジニアリング)サポートツール「PhiSystem」を提供しています。

  • ※MBSEは、モデルに基づいたシステムズエンジニアリングであり、複雑化するシステム開発に対応するために有効な方法論のひとつです。

PhiSystemは、オープンソースSysML(Systems Modeling Language)ツール Papyrusをベースに開発されたツールで、対象となるシステムを目的、機能、構造の視点から表現します。MBSEの標準的な記述言語であるSysMLの機能を活用した独自の記述標準化により、どの視点からも同じようにシステムを記述することが可能です。

各視点で使われる標準化された記述手法の例のイメージ各視点で使われる標準化された記述手法の例

機能視点でのシミュレーションを実現し、開発を効率化

PhiSystemでは、機能ユニットと呼ばれる独自の機能表現が定義されています。機能ユニットを機能視点でのモデリングに活用することで、詳細な構造を定める前の機能モデリングの段階でSimulink®と連携することができ、開発早期の段階でのシミュレーションが実現可能です。

PhiSystemを活用したMBSEの流れにおける機能モデリングとシミュレーションのイメージPhiSystemを活用したMBSEの流れにおける機能モデリングとシミュレーション

PhiSystemによって実現できるさまざまなMBSEサポートサービス

PhiSystemを活用することにより、さまざまな側面からMBSEの実施をサポートします。

開発ライフサイクル支援のイメージ開発ライフサイクル支援

PhiSystem や PhiControlとの連携により開発ライフサイクルを支援

PhiSystemは、Simulinkベースの制御ライブラリである「PhiControl」、同じく物理モデリングライブラリである「PhiSim」との連携により、開発ライフサイクルを広範囲にわたってサポートします。

PhiSystem

PhiSystem

システムのアーキテクチャー設計を行います

PhiSim

PhiSim

Simulink/Simscapeベースの物理システムモデリングを行います

PhiControl

PhiControl

Simulinkベースの製品で、制御システム設計を行います

開発ライフサイクル支援のイメージ開発ライフサイクル支援

PhiSystemの実行環境

PhiSystemは、Java実行環境がインストールされたWindows7上で動作します。

SHERPA Engineering社ロゴ

SHERPA Engineering社は、モデリング、シミュレーション、制御設計をコアビジネスにしているエンジニアリング企業です。1997年に創立、約100名のエンジニアが在籍しています。フランスの2大自動車メーカーをはじめ、多数の顧客とのプロジェクト実績があります。

その他のMBD関連製品

  • ※Simulink, Simscapeは、MathWorks社の登録商標または商標です。
  • ※Javaは、Oracle Corporation およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
  • ※その他記載されている製品名の多くは、各社の登録商標または商標です。
  • ※製品の詳細に関するお問い合わせはこちらから受け付けています。
    または、SHERPA Engineering社のウェブサイト(仏語表記)をご覧ください。

MBDエンジニアリングサービス一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する