MBDエンジニアリング
サービス

機能テストツール「TPT」とは

機能テストプロセスの自動化・効率化をサポート

TPT(Time Partition Testing)は、機能テストプロセスの自動化・効率化をサポートするツールです。要求に基づくテスト設計・評価を行うことで、機能の不備を見つけます。

一般的に多くの方が「テスト」と聞いてイメージするのが構造テストです。構造テストとは、カバレッジ分析などを行って、モデル内部の構造を網羅的に検証するテストです。カバレッジ分析はあくまでもコードが実行されたかどうかを見るだけのテストです。一般に構造テストでは機能の不備を見つけることはできません。

一方で機能テストは、機能の不備がないことを確認するためのテストです。要求に基づくテスト設計を行う必要があり、テストの準備に手間と時間を要します。

構造テスト

  • カバレッジツールなどで自動化されている
  • 実装上の不備を探すテストである
  • ホワイトボックステストと呼ばれる
  • 機能の不備を見つけることはできない
Model_MCDC 100.0%
condition 100.0%
decision 100.0%

機能テスト

  • 効率化するツールも少なく、手間がかかる
  • 機能の不備を探すテストである
  • ブラックボックステストと呼ばれる

機能テスト

機能テストと構造テストの違い

構造テストはカバレッジツールなどにより広く自動化されていますが、機能テストの自動化・効率化をサポートするツールは多くありません。TPTは、機能の不備を探すことに焦点を当てた、機能テストを効率化するためのツールです。

関連コンテンツ

資料ダウンロード / お問い合わせ

サービスに関する情報をはじめとした各種資料(PDF)をご提供しています。
資料はまとめてダウンロードできます。お気軽にご利用ください。

サービスに関する情報をはじめとした各種資料

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00-12:00、13:00-17:00(平日のみ)

フォームでのお問い合わせ

資料ダウンロード / お問い合わせ