STL SOLIZE テクノロジーラボ

お客様の思い、社会の希いを叶えるために
イノベーションを起こし続ける

SOLIZEテクノロジーラボは、未来の技術を先取りし、イノベーションを創出する場として、2018年4月に設立。お客様の未来のニーズを特定し、研究機関や企業、団体などとのオープンなパートナーシップを通じて、日々研究、調査を続けています。私たちは、イノベーションこそが、明るい未来を切り開くと確信しています。

SOLIZE テクノロジーラボのイメージ SOLIZE テクノロジーラボのイメージ

イノベーションを躍進させるSOLIZEテクノロジーラボ

自動車業界は、CASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)という4つのキーワードに象徴される100年に一度の大変革期を迎えています。このような環境下で必要なことは、時代の変化を正しく理解し、技術の潮流を読み、必要な技術と人材を育てることです。
今、日本で、世界で何が起きているのか、その課題解決のためには何が必要なのかを考え抜くことが大切であり、徹底的に議論し考えを深めていくことがイノベーションに繋がるのです。

イノベーションを躍進させるSOLIZEテクノロジーラボのイメージ

SOLIZEテクノロジーラボの役割は、技術開発、技術系人材の育成、情報発信の3つ。とくに技術開発に注力しており、外部パートナーとオープンな協力関係を築きながら研究を進めています。

オープンな技術開発で、社会の課題を解決する軽量化に挑む

Theme 01 自動車の軽量化のイメージ

Theme 01自動車の軽量化

SOLIZEテクノロジーラボが掲げる3つの技術開発テーマの一つが、自動車の軽量化。軽量化によって燃費が改善され、ひいては地球温暖化という課題解決に貢献できます。

軽量化のトレンドは、大きく分けると2つあります。

  • 01.材料を変える
    一つは材料を変えること。たとえば、車体に使用される材料を鉄からアルミニウムに変えることで自動車全体の重量は軽くなります。しかし、アルミニウムは鉄に比べ強度が低いため、板厚を上げるなどの強度アップの対策が必要です。解析を用いて上手く鉄とアルミニウムを使い分けないと、軽量にならないことになります。SOLIZEは現在、慎重に適材適所に有効な材料を使うマルチマテリアル化を検討しています。
  • 02.構造を変える
    二つめは合理的な構造変更をすること。現在、シミュレーションを活用して、力のかかる部分だけを補強し、その他の構造は無駄を省き軽くすることができる最適化設計について研究を行っています。

これらを踏まえ、社外パートナーと組んで軽量化に関する共同研究を開始します。

モデルベース開発(MBD)領域での強みを活かし、
自動運転開発競争を勝ち抜く

Theme 02自動運転

SOLIZEテクノロジーラボの技術開発における2つ目のテーマは自動運転。自動運転については課題が非常に多く、長期的な視座で取り組むべきテーマです。

現在国内では、自動運転は運転支援段階の「レベル2」ですが、「レベル3」の実用化に向けて、開発競争が激しさを増していくことが予想されます。そして、「レベル3」が普及すれば、次は「レベル4」への競争が始まります。少なくともこの先10年は熾烈な開発競争が続き、ますますスピードが求められることになるでしょう。

SOLIZEは、政府が主導する「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」の研究開発計画の一つである自動運転プロジェクトの一つに関わっています。

Theme 02 自動運転のイメージ

「今、私たちが取り組んでいるのは、自動運転の中でも、当社が得意とするモデルベース開発(MBD)領域で強みを活かすことができるシステムの検証の分野です。自動運転の開発では、実際の自動車を使用して安全性を確認することに加えて、ソフトウェアを駆使しバーチャル空間におけるシミュレーションにより確認をしながら進めていきます。そして最終段階として、走行テストによってその自動運転システムの安全性を評価しなければなりませんが、走行テストの前にさまざまな状況を数多くバーチャルで検証できる評価システムを開発しています」

SOLIZEテクノロジーラボ 
所長

私たちの希いは
グローバルエンジニアリングパートナーになること

Theme 03高齢者の福祉器具づくり

SOLIZEテクノロジーラボが掲げる3つ目のテーマは、自動車の技術を活かして高齢化社会に役立つこと。自動車の技術開発とその技術の福祉用具への適用に尽力していきます。

Theme 03 高齢者の福祉器具づくりのイメージ

「私は以前、年老いたおじいさんがおばあさんを乗せた車椅子を押しているのを見て、ショックを受けたことがあります。車椅子を押すのはそんなに楽なことではないですからね。たとえば、自動運転とEVの技術を組み合わせることで、操作が簡単な車椅子を開発できないかなど、高齢化社会で私たちが貢献できる領域・技術は何か、今後検討していきたいと考えています。」

SOLIZEテクノロジーラボ 
所長

Theme 03 高齢者の福祉器具づくりのイメージ

超高齢化と急速な少子化によって負のスパイラルが進む日本ですが、裏を返せば、先んじて課題を克服し成長につなげる機会と捉えることもできます。将来的にはアジアで、世界で日本を追いかけるように高齢化社会が進みます。
その時、先人としてSOLIZEは、世界中の「〜したい」に有効な手立てを提供できるグローバルエンジニアリングパートナーという存在でありたい。私たちは明るい未来を見据え、新しい技術を追求し続けます。

テクノロジーINDEXへ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する