MBDModel Based Development

パラダイムシフトでニーズが高まるモデルベース開発(MBD)
この転換期にSOLIZEは先頭を走り続ける

世界的な環境規制への対応によるパワートレインの多様化や、先進運転支援システム(ADAS)、自動運転への対応など、自動車のソフトウエアは爆発的に増えています。このような中でニーズが高まっている開発メソッドがMBSEであり、シミュレーションを駆使して開発・検証を行うモデルベース開発(MBD)です。今、自動車産業は、パラダイムシフトのさなかにあります。MBDで実績を積んできたSOLIZEは、この転換期に先頭に立つ覚悟です。

Model Based Developmentのイメージ Model Based Developmentのイメージ

開発を劇的に効率化する手法、MBSEとMBD

自動車業界ではCASE(Connected、Autonomous、Shared、Electric)という潮流が進む中、従来と異なりかつより複雑な開発を行いつつ、スピードの向上が求められています。従来の開発プロセスでは、紙ベースの仕様書をもとに設計が行われ、試作車を組み立てて、何度もテストを繰り返し完成させるというものでした。それが今は、これまでの手戻りの多いアナログ的開発手法から、MBSE(Model Based Systems Engineering)MBD(Model Based Development)による開発手法にシフトしつつあります。

MBSEとは、おもに開発の初期段階における、モデルを活用したシステムズエンジニアリングの手法です。要求を分析してシステムの目的やミッションを定義し、それをシステムの機能、構造へとブレイクダウン。そして、この定義と、機能と構造に対してSysML等の共通のモデリング言語を使うことで曖昧さをなくし、コミュニケーションを円滑にします。さらに、モデルを活用することで、シミュレーションと検証が容易になり、開発の後半にシステムの不具合や検討漏れが発覚することを防げるため、開発期間の短縮・コスト低減といった効果をもたらすのです。

開発を劇的に効率化する手法、MBSEとMBDのイメージ

SOLIZEは、MBSEとMBDの手法によって、開発の効率化と品質向上を支援しています。たとえば、モデル構築技術を活かしたハイブリッド車開発環境の構築やボディーコンポーネントの1Dモデル化、先進運転支援システム(ADAS)に向けた開発環境の構築、車両1台分のエネルギーモデルのプラットフォーム開発、ニューラルネットワークを活用したモデル構築、シミュレーターを活用したテスト環境(HILS)の運営などの実績があります。

先行する欧州のパートナーと連携し、ソリューションを提供

MBSEの領域におけるSOLIZEの強みは、先進的な欧州のパートナーと連携した一貫したサービスとツールの提供にあります。SOLIZEは、MBSEとMBDの活用が進んでいる欧州企業4社との提携を通じて、MBSEにおける上流の要求開発からモデリング、実装、テストまでをサポートします。SOLIZEにはこのエコシステムを支える優秀なエンジニアがおり、提携によっていち早く入手した最先端技術をお客様に提供します。

要求開発において、SOLIZEはスペインのThe Reuse Company社と提携し、制御開発の期間短縮や工数削減に繋がる要求仕様の品質向上を支援しています。自動車メーカーの製品開発がグローバル化し、従来のすり合わせの技術をベースにした開発が困難になった今、要求仕様の品質の重要度がますます高くなっています。欧米が先行している要求仕様の品質向上手法を日本で導入することは、日本語固有の言語体系や構文の違いから非常に難しいといわれてきましたが、SOLIZEとThe Reuse Company社との協力や芝浦工業大学との共同研究を通じて、日本語固有の要素を考慮し、要求仕様の品質評価基準および構文パターンの定義を行うことが可能となりました。

先行する欧州のパートナーと連携し、ソリューションを提供のイメージ

SOLIZEはこの点において、ソフトウエアツールの導入と合わせ、必要となる技術、開発工程を変革するためのコンサルティング、実行から定着まで、お客様と協働でプロジェクトを推進します。

さらに、モデリングと制御システムの設計、検証を行うソフトウエアは、フランスのSHERPA Engineering社と提携。新たに、組み込み制御システムの機能テストツールを開発しているドイツのPIKETEC社とも提携し、テストケースを体系的に作成することによりテストの自動化を実現するツール「TPT(Time Partition Testing) 」の販売を日本で開始しました。

経験豊富なエンジニアが要求から検証まで
ワンストップサービスを実現

自動車はさまざまな物理現象の集合体です。たとえば、熱エネルギーなら燃焼、メカニカルなことなら摩擦であることを理解し、数式化やモデル化できることがエンジニアには求められます。SOLIZEにはこうした優秀なエンジニアがグローバルに在籍していることも、もう一つの強みだといえます。幅広い知見と高い技術力を有したエンジニア集団が、要求から検証までの環境構築、エンジニアリングサービス、コンサルティングまでワンストップで提供することを可能にしているのです。

さらに、このMBDの技術に加え、職人やベテランの暗黙知を形式知化し、製造工程や組織の変革を実行するSOLIZEグループの変革エンジニアリングサービス部門と横断的に連携することで、お客様へ高い付加価値を提供しています。

未来のエンジニアリングのために、一歩先へ

未来のエンジニアリングのために、一歩先へのイメージ

今後、自動運転をはじめ自動車の機能の高度化、開発の複雑化は必至であることから、MBSE、MBDの活用は不可欠で、さらにその期待が高まることは間違いありません。

SOLIZEはあらゆる動向を客観視し、未来を見据え、教育機関との協働や技術開発、パートナーとの連携強化に努めています。それはひとえに、近い将来必要になる知識や技術をいち早く獲得し、お客様より一歩進んだ提案や技術提供を可能にするため。SOLIZEはこれまで培ってきた技術力をベースに、MBSE, MBDの領域において先頭を走り続けます。

テクノロジーINDEXへ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する