NEWSニュース

  • ホーム /
  • ニュース /
  • SOLIZEと日本HPの協力のもと、JVCケンウッドが最終製品の量産に3Dプリンティングの活用を開始

2019.01.29

プレスリリース

SOLIZEと日本HPの協力のもと、JVCケンウッドが最終製品の量産に3Dプリンティングの活用を開始 - 高まる最終製品の量産需要に応えSOLIZEは「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」増設 -

製造業におけるグローバルな製品開発パートナーのSOLIZEグループ(本社:東京都千代田区、代表:篠原 敬一)の100%子会社で3Dプリンティングによる造形受託サービスおよび3Dプリンタ販売事業を行うSOLIZE Products株式会社(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:後藤 文男)は、株式会社日本HP(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:岡 隆史)と協力し、株式会社JVCケンウッド(本社:神奈川県横浜市、会長執行役員 CEO:辻 孝夫)の3Dプリンティングを活用したものづくりを支援しています。このたび、JVCケンウッドで開発中の医療用カメラの部品に「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」で造形したパーツの採用が決定しましたのでお知らせします。

JVCケンウッドでは、以前より3Dプリンティングの可能性に注目し、形状試作や治具などのツーリング分野で活用してきました。このたび、最終製品への適用に向けSOLIZE Productsと日本HPと共同で3Dプリンティングによる造形に適したパーツの選定や、試作したパーツの技術的な検証を実施し、医療用カメラの内部部品として量産することが決定しました。この部品は、「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」の特長を生かした設計の最適化がされており、従来工法では製造が難しい複雑な構造を実現することで、機能改善とコスト削減を両立しています。

また、SOLIZE Productsは、2018年に「HP Jet Fusion 3D 4200 プリンティングソリューション」を導入し、製造業に対して3Dプリンティングの最終製品への活用を提案しています。同年7月には、自動車や家電メーカー向けに補給部品の生産や管理に関するコンサルティングサービスを日本HPと協力し開始しました。

長期にわたる補給部品の金型管理やメンテナンスコストの負担が業界共通の課題とされる中、JVCケンウッドでは、SOLIZE Productsと日本HPが提供するこの補給部品コンサルティングサービスを利用し、さらなる最終製品での適用範囲拡大に向け、生産終了製品の補給部品への適用の検証を進めています。

SOLIZEと日本HPの協力のもと、JVCケンウッドが最終製品の量産に3Dプリンティングの活用を開始のイメージ

検証中の補給部品例(ラジオカセットレコーダー ハンドル部)
※補給品適用のための試作・検討を行っている段階であり、実際の製品の補給品ではありません。

SOLIZE Productsは、補給部品をはじめとする最終製品の3Dプリンティングの需要に応えるべく、国内で初めての導入となる量産向けソリューション「HP Jet Fusion 3D 4210 プリンティングソリューション」を増設し1月から3台体制とし、生産能力を大幅に強化します。

株式会社JVCケンウッド SCM部 スマートファクトリー推進グループ グループ長 佐藤 直樹氏は次のように述べています。「3Dプリンティングの最終製品への活用を推進するSOLIZE Productsと日本HPの取り組みに大変興味を持ち、今回の3社での協業が実現しました。『HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション』の造形物は、高い精度と低コストを実現していることはもちろん、異方性が少ないことにより、多くの最終製品への適用の可能性があると感じています。3Dプリンティングの最終製品への活用は、付加価値の高い製品作りにはもちろん、サステナビリティの観点からも非常に重要になってくると考えていますので、より多くの最終製品への適用を実現できるように、3社での協業を進めてまいります。」

「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」は、30年以上にわたり革新を続けるHPのプリンティング技術を基に開発され、圧倒的な造形スピードと高い精度により製造業に変革をもたらしています。ボクセル単位でパーツに機械的特性を持たせることができるHP独自のテクノロジーにより、実用的なパーツを圧倒的なスピードと低コストで造形します。

SOLIZE Productsは3Dプリンティング/Additive Manufacturing技術の総合展「TCT JAPAN 2019」と「第1回次世代3Dプリンタ展」に出展し、HPの3Dプリンティングソリューションで造形した様々なパーツを展示予定です。展示サンプルには今回発表のJVCケンウッドのパーツも含まれます。

「TCT JAPAN 2019」開催概要

  • 日程:2019年1月30日(水)~2月1日(金)10:00~17:00
  • 会場:東京ビッグサイト 東6ホール
  • ウェブサイト:https://tctjapan.jp/
  • SOLIZE Productsブース:6V-13

「第1回次世代3Dプリンタ展」開催概要

  • 日程:2019年2月6日(水)~2月8日(金)
    10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
  • 会場:東京ビッグサイト
  • ウェブサイト:https://www.japan-mfg.jp/3dpt/
  • SOLIZE Productsブース:西1-40

SOLIZEグループについて

SOLIZEは、1990年代の3D CADの黎明期から3Dプリンタによるラピッドプロトタイピングや3次元モデリング事業、さらに3D CADエンジニア教育事業や3D CADエンジニアリングサービス事業を開始し、デジタルエンジニアリング技術を牽引してきました。現在、SOLIZEは、自動車産業を中心にさまざまな産業において、製品設計・解析を行う3D CAD/CAEエンジニアリングサービス、モデルベース開発(MBD)を行うMBDエンジニアリングサービス、積層造形(金属・樹脂)やプロダクト用積層造形装置販売を行う3Dプリンティングエンジニアリングサービス、さらに、暗黙知を形式知化する技術をコアに開発や業務プロセスの変革の実行から定着までを行う変革エンジニアリングサービスの4つの事業を展開し、お客様に価値あるサービスを提供しています。

SOLIZE Productsについて

日本でいち早く3Dプリンタを導入し、28年にわたり3Dプリンティングによる造形受託サービスおよびサービスビューローとしての実績を活かした3Dプリンター(HP社、3D Systems社)の販売事業を行っています。現在3Dプリンタ40台を保有し、国内最大級のキャパシティを有しています。近年は、金属造形によるものづくりにも注力しています。

本プレスリリースのPDF版はこちら[818KB]PDF

ニュース一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する