NEWSニュース

2020.04.30

プレスリリース

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する医療支援活動を開始

SOLIZEグループ(本社:東京都千代田区、以下SOLIZE)は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を防止する目的で、公益社団法人東京都医師会(会長:尾﨑 治夫、以下、東京都医師会)を通じて医療機関向けに医療物資の無償提供を行うことを決定しました。第一弾として、当グループが保有するHP社製の3Dプリンティングソリューションにより生体適合性のある材料を使用して製作したフェイスシールド用フレームについて医療機関からの要望に応じて無償提供を開始します。

今回提供するフェイスシールド用フレームは、東京都医師会よりいただいた要望を設計データに反映し、以下を実装しました。

  1. ユーザの頭部形状に合わせられるようにアジャスター機能を追加した
  2. シールド部の透明部材の穴あけが不要でより容易に装着や交換を可能とした
  3. シールド部は各医療機関で調達していただく必要がありますが、さまざまな種類の透明板を装着・交換可能となるようにした(例:プラスチック板、OHPシート、クリアファイル等)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する医療支援活動を開始

SOLIZEは国内最大級の3Dプリントサービスビューローとして、創業以来30年以上に亘る3Dプリンティング技術やノウハウを活かし、試作品や少量量産品の製作サービスを行っています。また、エンジニアリングサービスにおいては製品開発を行うエンジニアを擁しており、部品設計や細かい要望に応じたデータ改良が行えるため、緊急性の高い医療従事者のニーズに迅速に応えることが可能です。

SOLIZEは、HP社がグローバルで展開しているHPデジタルマニュファクチャリングネットワークの認定パートナーとして、HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューションを活用した支援に取り組んでまいります。また、今後フェイスシールド用フレームのみならず、マスクなどその他必要とされる医療物資についても提供を検討しています。

SOLIZEでは、新型コロナウイルス感染拡大が終息するまでの期間、医療機関、医療従事者からのご要望に応じ、継続的な支援を実施してまいります。

3Dプリンターによる医療支援活動に関するお問い合わせ先はこちら

SOLIZEグループについて

SOLIZEは、1990年代の3D CADの黎明期から3Dプリンターによるラピッドプロトタイピングや3次元モデリング事業、さらに3D CADエンジニア教育および3D CADエンジニアリングサービス事業を開始し、デジタルエンジニアリング技術を牽引してきました。現在、SOLIZEは、自動車産業を中心にさまざまな産業において、製品設計・解析を行う3D CAD/CAEエンジニアリングサービス、モデルベース開発を行うMBDエンジニアリングサービス、積層造形(金属・樹脂)による試作や少量量産製品の製作や工業用積層造形装置販売を行う3Dプリンティングエンジニアリングサービス、さらに、暗黙知を形式知化する技術をコアに開発業務変革の実行から定着までを担う変革エンジニアリングサービスの4つの事業を展開し、お客さまに価値あるサービスを提供しています。

本プレスリリースのPDF版はこちらPDF

ニュース一覧へ戻る