NEWSニュース

2022.07.06

お知らせ

早稲田大学ビジネススクール 長谷川 博和教授の
顧問就任に関するお知らせ

SOLIZEは、早稲田大学ビジネススクールの長谷川 博和教授が、顧問に就任したことをお知らせします。

長谷川教授は、自動車や製造業に精通し、また大企業の新規事業論やベンチャー企業の経営論への深い見識を持っています。
弊社は、長谷川教授からの助言のもと、自動車・製造業で培った設計・解析技術と国内での実績があるAM(Additive Manufacturing)技術を掛け合わせることにより、人が持つ創造性を解放し、誰でも手軽に新しいプロダクトを生み出せるサービスを創出してまいります。

SOLIZEは、人の価値観が所有から経験、社会が線形から循環へと変化していく時代において、新しいものづくりを通して世の中の価値観の変容を牽引し、持続可能な社会の実現を目指します。

長谷川 博和教授のプロフィール

早稲田大学商学学術院ビジネススクール教授。
専門は、大企業の新規事業論、アントレプレナー論、ファミリービジネス論。
学術博士、公認会計士、証券アナリスト協会検定会員。

1984年野村総合研究所入社、主任研究員。自動車、自動車部品関係のトップアナリスト。
1993年より日本最大のベンチャーキャピタルである株式会社ジャフコ投資調査部に出向。
1996年より独立系ベンチャーキャピタルであるグローバルベンチャーキャピタル株式会社を創業。社長、会長を歴任。
2012年より早稲田大学商学学術院ビジネススクール教授。

ニュース一覧へ戻る