EVENT/SEMINARイベント・セミナー

2019.01.18

展示会 オートモーティブ ワールド

第11回 オートモーティブ ワールド

開催日:2019年1月16日(水)~1月18日(金)
会場:東京ビッグサイト

出展報告

第11回 オートモーティブ ワールドのイメージ

去る1月16日から18日に、東京ビッグサイトにて開催された「第11回 オートモーティブ ワールド」に出展しました。

会期中、弊社展示ブースには多くのお客様にご来場いただき、おかげさまで盛況の内に終了することができました。お忙しい中、弊社展示ブースにお立ち寄りいただきました皆様には、厚く御礼申し上げます。

本展示会では、製品開発におけるグローバルエンジニアリングパートナーとして、SOLIZEグループの製品開発支援を総合的にご紹介させていただきました。

本展示会で注目を集めたモノとは?

1.MBDエンジニアリングサービス

第11回 オートモーティブ ワールドのイメージ

SOLIZEは、電子制御システム開発で利用されるモデルベース開発(MBD)において、エンジニアリングサービスと関連する製品を提供しています。

各社で開発が進む自動運転においては、一般道向けの自動運転アルゴリズム開発と制御モデル開発・検証環境の構築、サーマル系のソリューションにおいては、制御モデルとプラントモデルを兼ね備えた、シミュレーションプラットフォームをご紹介しました。

また、PikeTec社(※1)が開発したテストの自動化を実現するツール「TPT」や、The REUSE社(※2)の要求仕様の品質を向上させるためのツール「SE Suite(Systems Engineering Suite)」をご紹介しました。

特に、販売を開始したばかりのテストの自動化を実現するツールである「TPT」に多くの引き合いをいただきました。

  • ※1 PikeTec GmbH:組み込みシステムのテスト・検証に特化し、TPTを用いたエンジニアリングサービス、トレーニングサポートを行うベルリンの企業
  • ※2 The REUSE Company:トレーサビリティと品質の向上を実現するITシステムやサービスを提供するスペインの企業

第11回 オートモーティブ ワールドのイメージ

また、展示会場内の特別スペースにて開催された、出展社による製品・技術セミナーでは、「自動運転開発を支える要求と検証ソリューション」と題し、講演を行いました。

自動運転開発を中心とした要求仕様の品質向上に向けて活用が増している「SE Suite」、PikeTec社のテスト自動化ツール「TPT」をご紹介しました。

2.3Dプリンティングエンジニアリングサービス - 3Dプリンター -

第11回 オートモーティブ ワールドのイメージ

3D Systems社製3Dプリンターを用いた金属、光、粉末造形サンプルを多数展示した他、昨年導入したHP社製3Dプリンターを用いた少量量産パーツ/補給部品適用の取り組みをご紹介しました。

特に、3Dプリンターを用いた少量量産は、グローバルではすでに取り組んでいる自動車メーカーもあるため、非常に多くの注目を集めました。

試作サンプルの展示およびブース内で行ったプレゼンテーションでは、SOLIZEが独自開発した材料を中心にご紹介しました。材料特性に関する質問や、具体的な3Dプリント受託のご相談を数多くいただきました。

  • ※SOLIZEは、3Dシステムズ社とHP社の正規販売代理店です。

3.変革エンジニアリングサービス

第11回 オートモーティブ ワールドのイメージ

SOLIZEは、組織に内在する暗黙的な強みを解き明かし、企業の競争力に変換する独自の技術をコアとして、120社以上の業務変革を実現してきました。

本展示会では、エキスパートの暗黙知を組織知化し、組織のパフォーマンスを大幅に向上させた事例や、3Dデータを徹底活用して、2D作図工数を大幅削減させた事例など、数々の変革実績をご紹介しました。

その中でも、熟練技術者の暗黙知をいかに形式知化し、組織で有効活用することで世の中の変化に対応していくか、という課題認識の方からの問い合わせが最も多く、関心の高さが伺えました。

出展内容に関するお問い合わせ

弊社出展内容に関するご質問やご相談を随時受け付けております。また、ご要望をいただければ個別にご訪問し、ご説明いたします。どうぞお気軽にお問い合わせください。

イベント・セミナーに関する
お問い合わせはこちら

イベント・セミナー一覧へ戻る