SOLIZE株式会社

暗黙知と自然言語処理AIの
融合で実現する業務変革

SpectA

資料ダウンロード/ご相談はこちら

暗黙知を創造‐進化の原動力へ

SpectA(スぺクタ)とは、「企業の競争力の源泉である人や組織の暗黙知」と「自然言語処理AI技術」を掛け合わせることで、熟練者が培ってきた経験やノウハウを組織知へと変換し、ダイナミックな知恵の活用を実現する、SOLIZEの製品・サービスの総称です。
独自の自然言語処理AIエンジン (Aspect Engine)を搭載したSpectAは、ユーザーからの問いやインプットに対して適切な推論を行いながら、日々、組織内に大量に作成される成果物・ドキュメント群から業務目的に沿った情報のみを抽出、最適なナレッジとして再構築して提供することで、組織横断的な情報活用や知識獲得を容易に可能とします。
熟練者中心の業務の脱属人化や創造生産性向上、技術伝承の加速、戦略的業務へのリソースシフトなど、お客さまの持続的な競争力強化に向けた課題を解決します。

SpectAが実現する
知恵の循環サイクル

SpectAが実現する知恵の循環サイクル

特長SpectA features

設計業務特化型のAIソリューション(要求分析・仕様検討・リスク検討)

複数条件で複雑なトレードオフ判断を要する設計業務の課題解決には、テキスト検索や質問応答などの汎用的な自然言語処理AIでは難しく、設計業務専用にAIの推論エンジンを強化する高度な知識ベースの構築が必要です。
SpectAには、自社の設計・製造の現場で30年間培ってきたものづくりの実績を踏まえて構築された設計業務特化型の知識ベースを実装しており、熟練の勘所を再現するSOLIZE独自開発の推論エンジンと組み合わせ、課題解決に直結する情報検出と意味解釈の精度を導入初期より提供します。

短期間で確実な成果を実現

熟練暗黙知による設計検討では、熟練者の関心事象の連鎖や検討ロジック(≒特徴量)が不明なだけでなく、機械学習のためのデータの質と量の不足により、AIの情報精度が不足する場合が多々あります。
SpectAは、暗黙知の形式知化アプローチとデータサイエンスアプローチを組み合わせることで熟練の勘所を解明、課題解決にピンポイントな学習用データセットを構築し、最適なチューニングが可能です。これにより少ないデータからでも早期にAIの情報精度を向上、成果を実現します。

人の判断の質と量を最大化

設計業務はトラブルの影響度が大きいため、「AIが検出した根拠」や「どこまでを人が担保するか」も重要であり、ブラックボックス化や技術伝承、役割分担を懸念されることが多々あります。
SpectAは、業務の作業と判断を峻別しながら、人の判断・深層学習・ルールベースが最適に協調した業務へと再構築します。これにより、自動化率を最大化しつつ、コアな判断のブラックボックス化を回避、人の能力を伸長し判断の質と量を最大化することで、効率化はもちろん、付加価値の創造や技術伝承など幅広い成果を支援します。

持続的な知恵の進化

業務に活用可能なAI構築後、事業環境の変化にあわせた追加学習やチューニングを確実に進めることが重要です。
SpectAには、検出した情報に対するフィードバックなどをユーザーから得ることにより、推論エンジンや知識ベースを補強しながら進化を続ける技術のほか、手動で広範囲にわたる微調整やコーディングを実行しなくても簡易にチューニングできる機能が複数実装されています。これにより、継続的な事業課題解決に向けて進化する情報活用や知識獲得を可能にします。

ソリューション

SOLIZEの強み

自社の設計・解析・試作・製造の現場で30年にわたり培ってきたものづくりの技術と改善/改革技術をベースに生み出された「判断を可視化する独自の業務変革手法」に「自然言語処理を主軸としたマルチモーダルなAI技術」を掛け合わせることで、熟練エンジニアの暗黙知に代表される競争力あるノウハウを形式知化し、誰でも再現可能な組織知として活用できる環境を創造します。これまで業界/業種問わず200社以上のお客さまの変革実行力としてQCD向上や創造的業務へのリソースシフトを実現しています。

資料ダウンロード/ご相談はこちら

関連イベントのお知らせ

第5回 AI・人工知能EXPO【春】

SOLIZEは、4月7日から9日に東京ビッグサイト 青海展示場で開催される「第5回 AI・人工知能EXPO【春】」に出展します。
出展社セミナーおよび当社ブースにて、 SpectAをご紹介します。

2021年4月7日(水)~9日(金)10:00~18:00【東京ビッグサイト 青海展示場】

オフィシャルサイトはこちら

暗黙知と自然言語処理AIの融合で実現する業務変革

資料ダウンロード&
お問い合わせ

CLOSE