EVENT/SEMINARイベント・セミナー

2021.05.12

展示会

人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE

人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE

SOLIZEは、2021年5月26日(水)から7月30日(金)にオンラインで開催される「人とくるまのテクノロジー展2021 ONLINE」に出展します。

私たちは、お客さまのエンジニアリングチェーンの設計・評価(解析、試作)・Additive Manufacturing (AM)の領域において、開発業務の変革を支援できる唯一のイノベーションパートナーです。お客さまのCASE対応に向けた創造生産性向上を支援する技術・サービスをご紹介します。

変革エンジニアリングサービス

昨今の自動車開発は、CASE対応に加えて、従来機能の高度化や新たな環境規制対応も重なり、上流設計工程は膨大化、複雑化の一途をたどっています。これらに対して開発手法のデジタルツール導入およびシミュレーション技術の活用により効率化を追求してきましたが、「複雑化する要求を適正に要件化する」「変更点についてトレードオフを網羅的にリスク評価する」といった高度な検討領域に対しては、依然ソリューションは存在せず、熟練エンジニアの暗黙知に依存している状況です。

SOLIZEは、「活用しきれていない大量の成果物や実験データに対するAI活用」と「暗黙知の形式知化手法」を掛け合わせることで、課題解決に最適な知識を抽出する、熟練エンジニアの高度な思考を再現する取り組みを協働します。

3Dプリンティングエンジニアリングサービス

SOLIZEは、3Dプリンターを日本で導入し、30年以上にわたって積層造形に取り組んできました。国内最大級のハイエンドプリンターを駆使し、3Dプリンターによる試作品および最終製品の受託製造や、3Dプリンター装置販売・保守、3Dプリンターのさらなる活用を推進するためのさまざまな開発を行っています。

自動車業界においてCASE (Connected、Autonomous、Shared、Electric) といわれる大潮流への取り組みが進む中、SOLIZEは最終製品製作(少量多品種・補給部品)および先進のDfAM (Design for Additive Manufacturing) をはじめ、自動車産業のものづくりを強力にサポートしています。

MBDエンジニアリングサービス

自動車産業は、パラダイムシフトのさなかにあります。このような中、自動車開発においてニーズが高まっている開発メソッドがMBSE (Model Based Systems Engineering) であり、モデルやシミュレーションを駆使して開発・検証を行うMBD (Model Based Development) です。

SOLIZEは、MBSEとMBDの手法によって、開発の効率化と品質向上を支援します。

CAEエンジニアリングサービス

現在の自動車開発は、開発期間の短縮やコストの削減、軽量化などの従来からある課題と、それらと相反する新しい課題(衝突アセスメントにおける達成基準の年次向上、モジュール化、電動化など)への対応を迫られており、CAE解析に求められる要求・課題はますます高度化・複雑化しています。

SOLIZEはデジタルエンジニアリングのパイオニアとして、当社のものづくり技術を掛け合わせることで、お客さまのCAEによる次世代の開発に向けた課題解決、および新しい価値創出をサポートします。

3D CADエンジニアリングサービス

自動車産業では、新しい価値の創出のために、従来の開発リソースの低減や開発期間の短縮が求められ、より効率的な設計・製造プロセスへの移行が急務となっています。

SOLIZEはデジタルエンジニアリングのパイオニアとして、多くの自動車関連企業の開発支援経験から、開発の3D化のみならず、

  • 流用効率を高めるデータ構築
  • 作業、チェックの自動化によるミスの防止と作業時間の短縮
  • プロセスの可視化・標準化による業務の属人化の抑制
  • 後工程での3Dデータの効果的な活用

など、開発の効率化および品質の向上を支援します。

サイバーセキュリティサービス

SOLIZEは、ものづくりにおいて必要なセキュリティ活動をサポートする、サイバーセキュリティサービスを提供しています。

脅威分析をはじめとする各種設計の分析業務や実装、テストといった開発領域から、製造、市場利用や廃棄フェーズといった製造以降の領域まで支援します。また、これらのプロセスや体制を構築するためのコンサルティングサービスを提供します。

ドローン開発事例

新たなモビリティとして国産ドローンの開発は期待され、今後新たな市場としての発展が見込まれており、機体のコンフィグレーションもさまざまです。

ドローンの開発には、相反する複数の検討要件を 同時並行で解決することが求められ、迅速な試作テストでのトライ&エラーが欠かせません。また、用途別ドローンの少量の量産体制も求められます。

SOLIZEにおけるドローン開発のプロセス事例をご紹介します。

開催概要

日時 2021年5月26日(水)~7月30日(金)
入場 無料(完全登録制)
※入場にはオンラインでの登録が必要です。
主催 公益社団法人自動車技術会
詳細情報 オフィシャルサイト

イベント・セミナー一覧へ戻る