COLUMN技術コラム

3Dプリンターによるパーツ試作などに関する情報

3Dプリント 3Dプリンター レンタル

3Dプリンターによるパーツ試作などに関する情報のイメージ

世間で話題を呼んでいる3D CADの導入をお考えであれば

最近になって、巷では、3Dプリンターが人々の注目を集めています。こちらは試作や、将来的には商品の製造など、開発・製造の現場で導入されることが見込まれています。端的に言えば、3Dプリンターは、積層造形といった技術の採用により、デジタル造形を実現することのできるものです。この機器を使用して立体物を造形するためには、プリンター本体に加えて、3D CADデータを用意する必要があります。こちらのデータは、ソフトウェアを使用して作成することになります。そのようにして作成したデータをプリンターに読み込ませることで、立体物の造形が可能となります。そのように、元となるデータさえ用意することができれば、後は本体に読み込ませるだけで良いという手軽さから、最近では、3Dプリンターを導入する企業も増加する傾向にあります。
3D CADプリントの技術が登場したことについては、確かに大きな技術革新が起こったとみなすことができるでしょう。そこで、こちらの技術を導入するにあたっては、得られるメリットについてあらかじめ理解を深めておくことも大切になります。まず、商品のクオリティやデザイン性を向上させることができるというアドバンテージがあります。金属の立体物を造形する場合を例に挙げると、機械や人の手による作業では、金属の塊を削るなどの工程を経る必要性が生じて来ます。こちらの場合、工法の特性上、細かい作業を行なう場合などに制約や限界が生じるという問題があります。その一方で、3D CADプリントの技術を導入すれば、元となるデータはソフトウェアで作成することとなるため、機械加工や人の手作業では不可能な、細かい部分の造形を実現することも可能になります。

3Dプリンターの導入によってもたらされるメリットとは

この先、3D CADプリント技術を導入すると、従来の技術とは異なり、金型などを用意する必要もないので、製造する商品のクオリティやデザイン性が向上し、他社との差別化を図ることもできます。そのようにして、業界内での競争力が強くなれば、従来は存在しなかった新しい技術が生み出される可能性も高まります。
次に、3Dプリンターの導入は、経費の削減にも役立つというメリットがあります。例えば、技術的な問題から、自社では製品開発を行なうことができず、外部の会社に作業を発注する場合、外注業者に支払う費用が発生する分だけ、開発に掛かるコストがかさむことは言うまでもありません。そのような問題も、3D CADプリントの技術を導入すれば、解決することが可能です。3Dプリンターなら、元となるデータさえ用意すれば良いので、製品開発に必要となる技術レベルに悩まされることは少なくなるでしょう。そのようにして、外注業者に支払う費用がなくなれば、その分だけ経費を削減することができるという訳です。
また、3Dプリンターを導入すると、手軽に立体物を造形することができるため、パーツの試作など、さまざまなチャレンジをすることも可能になります。そのように、新たな挑戦がしやすくなれば、従来のビジネス環境を変革することのできる可能性も生まれて来ます。

これから3D CAD プリント技術を導入するにあたってチェックしておきたい事柄

3D CADプリントの技術によって造形した試作パーツなどを活用すれば、数多くの人たちの理解や賛同を得ることのできる可能性が高まるというアドバンテージもあります。例えば、企業に於いて新しい商品の開発を進めるためには、社内で会議を開くなどして、多くの人たちからの賛同を得る必要があります。そのようなシーンで、3Dプリンターを活用すれば、開発の初期段階で、試作パーツを用意し、会議の出席者に対して、仕上がり状態のイメージを分かりやすい形で伝えることが可能となります。その結果として、多くの人から賛同が得られれば、新商品の開発をスムーズに、スピーディーに進めることができます。ただ、3D CADプリントの技術は、新しく登場したものなので、導入にあたって、さまざまな疑問や不安を抱えている人もいるでしょう。そのような問題を解決するためには、専門の業者に問い合わせや相談をしてみることをおすすめします。
また、3D CADプリント技術の導入を検討するのであれば、それぞれの業者が提供しているサービスの内容を理解しておくことも大切です。例えば、金属の立体物を造形するための機器と材料を用意し、顧客からの依頼を受けて、金属3D CADプリントの製造を行なっている会社も存在します。こちらのシステムを活用すれば、自社に専用の設備を導入しなくても、金属の造形物を手に入れることが可能になります。次に、3D CADプリントの試作支援サービスを提供している会社もあります。こちらのサービスでは、注型や鋳造、切削などの技術の併用によって、テスト使用の可能な試作モデルを納品してもらうことが可能です。その他に、3Dプリンターの販売、リースなどのサービスを手掛ける業者も見受けられます。

3D CADプリントの導入や試作支援について

3Dプリンターによるパーツ試作などに関する情報のイメージ

3D CADプリントを導入しよう

近年、いろいろな技術が進化してきていますが、その中でも注目を集めているのが3D CADプリントです。現在、第三の産業革命とも呼ばれているほど注目を集めている設備になりますが、実際に導入することによって、ものづくりの現場ではどのようなメリットが存在しているのでしょうか。これから導入をしたいと思っている方のために、まずはメリットについて説明していきます。

では、1つ目にどのようなメリットがあるのかということですが、品質やデザインの向上に役立つということが挙げられます。例えば造形方法は多数存在しますが、金属の場合は従来の技術で造形するのには、デザインや品質を向上させるのは難しいと言われていました、しかし、現在では金属造形が簡単にできるようになっていますし、光造形や粉末造形も可能となっています。従来では難しかった技術を取り入れることができるので、今までにないデザインで完成させることができます。

続いて2つ目は、開発をする時にかかる費用を削減することができる点です。例えば、それぞれの企業によっても異なると思いますが、自社工場で対応しきれない部分は外注に依頼するという企業もあるのではないでしょうか。外注に依頼することによって外注コストが発生しますが、3D CADプリントを導入することによって外注コストが発生することはありません。試作品も簡単に作成することができるので、多くのコストをかける必要がなくなります。導入する際には多額の費用がかかると思っている人もいるかと思いますが、将来的なことを考えると導入について考えた方が安く済む可能性があります。それらの可能性もふまえて判断していくといいでしょう。

続いて3つ目は、開発や製造の作業時間を短縮させることが可能な点です。例えば外注に依頼をすると数日から数週間など、何かと時間がかかることがあります。また、できあがったとしても確認や修正など何かと時間がかかりますが、3D CADプリントを導入することで外注に依頼する必要がなくなるので、完成までに時間がかかることもありませんし、修正等の連絡を取る必要もありません。試作品等を早く完成させることができれば、それだけ早く製造の作業を進めることができるので魅力的です。

その他にも4つ目は、機密性を高められるメリットが存在しています。3D CADプリントを導入することによって、社外へ仕様書などを持ち出す必要がなくなります。外に出回ることがないので、情報の流出を防ぐことができるというのも魅力的な部分となっています。このように、メリットはいくつか存在しているので、魅力的に感じている人は導入について検討してみると作業しやすい環境を作ることができるでしょう。

3D CADプリントをレンタルで導入するメリットについて

3D CADプリントを販売している企業によって異なりますが、中には販売以外にもレンタルを行っている企業があります。購入ではなく、まずはレンタルでの導入を検討している人たちもたくさんいると思いますが、レンタルをすることでどのようなメリットがあるのかについて紹介していきます。

まず、レンタルの場合は初期費用が抑えられるという利点が存在します。実際にものづくりの現場に導入される3D CADプリントは大きな設備となりますし、品質もいいのでそれなりに費用がかかるケースもあります。しかし、導入について検討している人たちの中にはできる限り初期費用を抑えたいと思っている人が多いと思いますが、レンタルという方法で導入すれば、月々決められた費用の支払いになるので、初期費用を大幅に抑えることができます。また、レンタルで導入することによってサポート体制が整っているのも魅力の一つです。基本的に販売業者には知識が豊富なエンジニアが常駐しているので、万が一故障した場合でもサポート体制を整えてくれているので安心です。このように、レンタルで導入するメリットは多数あるので、導入について検討している方は導入方法についても確認しておくといいでしょう。それぞれに合った導入方法を、検討してみましょう。

3D CADプリントの試作支援について

3D CADプリントでものづくりをしたいと思っている場合には設備の導入を検討している方も多いと思いますが、販売している企業によっては試作支援を行っているところも存在しています。

例えば3Dプリンターの導入は予算的にできないと思っている企業は、そこに依頼することによって、高品質な製品の作成を行ってもらえるのです。例えば耐熱性のある部品の作成をしてほしいと思っている場合には、依頼をすることで作成が可能となるでしょう。また、3D CADモデルの作成だけではなく、デザインやモデリングなどを行ってくれる企業もあります。例えばデザインやモデリングができないという場合には、依頼をすることによってデータの作成を行ってくれます。このように、企業によっては様々な試作支援を行ってくれるところがあるので、依頼したい内容をよく確認して検討するといいでしょう。

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する