COLUMN技術コラム

  • ホーム /
  • 技術コラム /
  • [No.3] アルミニウム金属3Dプリントとダイカストにおける機械的性質の違い

[No.3] アルミニウム金属3Dプリントとダイカストにおける機械的性質の違い

2018.02.15

3Dプリント 金属造形

金属3Dプリントで緻密な組織の造形物を製造した場合、その機械的性質は実用に耐えうるものなのでしょうか。
機械製品の設計における重要な物性値を測定する方法はさまざまですが、その中でもよく用いられる引張試験を行い、造形物の機械的性質を確認しています。

アルミニウム金属3Dプリントとダイカストにおける機械的性質の違いのイメージ

試験片の形状は規格により定められていますが、SOLIZEではASTM E8という規格に則った試験を行っています。

アルミニウム金属3Dプリントとダイカストにおける機械的性質の違いのイメージ

アルミニウム金属3Dプリントとダイカストにおける機械的性質の違いのイメージ

上図は実際に造形したAlSi12の試験片を引張試験した結果です。
その結果をアルミダイカストで最もよく用いられるADC12の引張試験結果と比較しました。

アルミニウム金属3Dプリントとダイカストにおける機械的性質の違いのイメージ

※日本ダイカスト協会…ダイカスト用合金PDF

2つの材料はどちらもアルミニウム-シリコン合金であり組成は似ていますが、強度も伸びもその物性値は大きく異なります。
これは積層造形による特徴的な組織の有無が影響しているものと考えられます。

SOLIZEでは、お客様指定の材料で3Dプリントを行うための受託開発サービスを行っています。お気軽にお問い合わせください。
金属3Dプリントに関するお問い合わせ・工場見学のお申し込みはこちら

記事PDFのダウンロードはこちらPDF

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する