COLUMN技術コラム

[No.5] 金属3Dプリント特有の水平断面組織

2018.03.15

3Dプリント 金属造形

金属3Dプリントでは、金属粉末を1層ごとに積み上げ、レーザーで溶融させて形作るため、
平面方向の断面にはレーザーの軌跡に対応した金属組織が観察されます。

金属3Dプリント特有の水平断面組織のイメージ Fig.1 AlSi12の水平断面(模式図と断面画像)

SOLIZEでは、下記のFig.2、Fig.3のように、一層ごとにレーザーの走査方向を90度直行するように変化させながら造形をしています。

金属3Dプリント特有の水平断面組織のイメージ Fig.2 レーザーの走査方向・Fig.3 走査方向に対応した溶融部・Fig.4 レーザー走査跡と欠陥の位置

Fig.4では、レーザー走査末端で大きな欠陥があり、溶融部の側部にも欠陥が出ています。
このような欠陥と溶融跡の位置関係で、欠陥の発生原因が推定できる場合もあり、これらの観察結果をもとに造形の条件を調整していきます。

SOLIZEでは、お客様指定の材料で3Dプリントを行うための受託開発サービスを行っています。お気軽にお問い合わせください。
金属3Dプリントに関するお問い合わせ・工場見学のお申し込みはこちら

記事PDFのダウンロードはこちらPDF

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る