COLUMN技術コラム

[No.10] ローラーによる粉供給システムの特徴

2018.06.01

3Dプリント 金属造形

SOLIZEで使用する3D Systems社の金属3Dプリンターの粉供給システムには、ローラー方式が使われています(Fig.1)。
それにより、小さく、真球度の低い粉を扱うことができます。

ローラーによる粉供給システムの特徴のイメージ Fig.1 ローラー粉供給システム

ブレード方式の粉供給システムで小さい粉を使おうとすると、小さい粉は凝集し大きな塊になるため、粉面に筋が残ってしまう傾向があります。そのため、均一な粉面を形成することができません。
しかし、ローラー方式の場合、凝集した粉を回転させながら崩していくため、均一な粉面を形成することができます。小さい粉を使用することにより、積層の厚みをより小さくでき、その結果、さらに表面粗さが少ない製品を作ることができます。(Fig.2, Simon Hoeges et al.,2017)[1]

ローラーによる粉供給システムの特徴のイメージ Fig.2 表面粗さと積層厚さの関係[1]

また、水アトマイズ粉末のような低コストの粉は真球度が低いため、真球度の低い粉は、
ただ敷くだけでは密度の高い粉面を形成することができません。
しかし、ローラー方式では、粉を敷きながら圧縮するので、高密度の粉面を形成することができます。

参考文献

[1] Simon Hoeges, Alex Zwiren and Chris Schade, 2017, Metal Powder Report, Vol.72, Issue 2,p.111-117そのため、うろこ状の組織と強度の高さに関連性があることがわかります。

SOLIZEでは、お客様指定の材料で3Dプリントを行うための受託開発サービスを行っています。お気軽にお問い合わせください。
金属3Dプリントに関するお問い合わせ・工場見学のお申し込みはこちら

記事PDFのダウンロードはこちらPDF

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する