COLUMN技術コラム

金属3Dプリントのメルトプール

2018.05.01

3Dプリント 金属造形

金属3Dプリントでは、溶接の分野と同じく、メルトプールという考え方が使われます。
メルトプールとは、レーザーがあたった部分の金属粉が溶融、液状化して形成される領域です。
メルトプールを介して上層と下層が接合され、面が形成されていきます(Fig.1)。

金属3Dプリントのメルトプールのイメージ Fig.1 メルトプール

メルトプールが安定して形成されない場合、溶融不良による欠陥の発生の原因になります。
Fig.2は、上層にレーザーを1ラインだけ照射した際のメルトプールの断面画像です。
Aにはない欠陥がBに見られます。

金属3Dプリントのメルトプールのイメージ

メルトプールの形状は、材料、レーザー出力やスキャン速度など多くの要因によって変化するので、使用する金属粉末を調整したり、
レーザー出力などのパラメータを調整したりして、極力生産性を上げつつ、欠陥のない造形品を作っていくことが重要です。

SOLIZEでは、お客様指定の材料で3Dプリントを行うための受託開発サービスを行っています。お気軽にお問い合わせください。
金属3Dプリントに関するお問い合わせ・工場見学のお申し込みはこちら

記事PDFのダウンロードはこちらPDF

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る

本サイト(www.solize.com)は、お客様の利便性向上のためにクッキー(Cookie)を使用しています。詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。本サイトをご利用になる場合、お客様はクッキーの使用に同意してください。

同意する