COLUMN技術コラム

[No.6] 金属3Dプリントの欠陥 水平断面

2018.04.02

3Dプリント 金属造形

SOLIZEでは、No.5 [1] でお伝えしたように、一層ごとにレーザーの走査方向を90度直行するように変化させながら造形をしています。
条件が不適切で走査間隔が広すぎる場合、Fig.1のように、走査方向に沿って、線状に欠陥が並びます。

金属3Dプリントの欠陥 水平断面のイメージ Fig.1 レーザーの条件が不適切な場合

密度を高めるため、走査間隔を狭めていくと、Fig.2のように、欠陥が減少していきます。

金属3Dプリントの欠陥 水平断面のイメージ Fig.2 レーザーの条件が改善された場合

最終的には、Fig.3のように99%以上の密度になるように条件を調整します。

金属3Dプリントの欠陥 水平断面のイメージ Fig.3 条件の調整による断面の相対密度の変化

SOLIZEでは、お客様が独自に製作された金属材料に関してもこのような製造条件の調整を行い、その材料を使用して金属3Dプリントできるかを検証するサービスを提供しています。

参考文献

[1] 金属3Dプリント技術コラムNo5:金属3Dプリント特有の水平断面組織

SOLIZEでは、お客様指定の材料で3Dプリントを行うための受託開発サービスを行っています。お気軽にお問い合わせください。
金属3Dプリントに関するお問い合わせ・工場見学のお申し込みはこちら

記事PDFのダウンロードはこちらPDF

関連コラム

技術コラム一覧へ戻る