3Dプリンティング
エンジニアリングサービス

日産自動車株式会社 新車生産準備技術センター
HP Jet Fusion 5200導入

3Dプリンター販売 

Smart Eye Camera 筐体の製作に協力 - 日産自動車株式会社 新車生産準備技術センターのイメージ

日産自動車株式会社 新車生産準備技術センターについて

日産自動車株式会社 新車生産準備技術センターでは、3Dプリンターを活用して新車種の部品試作や試験用パーツ、治具などを製作しています。

同センターではもともと3Dプリンターを活用していましたが、3Dプリント造形工程の効率化を課題としており、さらなる生産性向上のためにより生産性の高い3Dプリンターを調査する中で、HP Jet Fusion 5200にたどりつきました。

HP Jet Fusion 5200を導入した理由

日産自動車様がHP Jet Fusion 5200を導入した理由は、高い生産性と材料コストです。新車生産準備技術センターでは多くのパーツを製作しているため、3Dプリンターの稼働効率化と材料コスト低減を実現することは導入においての大事な要素でした。

参考画像:HP Jet Fusion 5200シリーズで製作した治具参考画像:HP Jet Fusion 5200シリーズで製作した治具

User’s Voice

SOLIZEとは長い付き合いになります。これまでの3Dプリンター活用をふまえた上での相談ができると考え、今回もSOLIZEに相談しました。SOLIZEは自社でもHP Jet Fusion 5200を活用しており、機種選定の段階から工場見学やベンチマーク製作のトライアルなどを通じて、導入後の活用を見据えた検討を一緒に考えてくれました。

今後もSOLIZEとともに、本センターにおける3Dプリンターのさらなる活用を推進していきたいと考えています。

この事例で導入したサービス・製品

他の事例も見る

資料ダウンロード / お見積り / ご相談

サービスに関する情報をはじめとした各種資料(PDF)をご提供しています。
資料はまとめてダウンロードできます。お気軽にご利用ください。

サービスに関する情報をはじめとした各種資料

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00-12:00、13:00-17:00(平日のみ)

フォームでのお問い合わせ

資料ダウンロード/お見積り/ご相談