SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

ものづくりのグローバル競争力を強化するPLM構築

ものづくりのグローバル競争力を強化するPLM構築のイメージ

対象:自動車業界をはじめとする製造業各社

目的

グローバル分散拠点の協調開発による、仕向地増加に伴い多様化するニーズへの適時対応

課題

  • グローバル拠点間で開発業務手順や取り扱う情報に大きな差があるため、拠点間が協調できるプロセス・情報伝達のあるべき姿を描くことが困難である
  • PLMやシステム要件定義の知識と経験が不足しているため、協調開発のあるべき姿を満たすPLMの仕様を設計することが難しい
  • 業務変革やシステム構築・運用の知識と経験が不足しているため、必要なユースケースとステークホルダーを網羅し、利害関係を調整することが難しく、導入・運用が進まない

SOLIZEの役割

  • 変革推進
    ・お客様の設計・製造現場に入り込み、共に変革活動を実行
    ・多数の部署や拠点にまたがるステークホルダーの合意形成を推進
    ・業務変革とITのスキルを活用し、コミュニケーションギャップ無く活動を推進
  • 業務の分析と設計
    ・拠点ごとに異なるルールやプロセスの統一
    ・拠点間や設計・製造間の情報伝達の要となるBOM/BOPデータ構造の確立
    ・製品バリエーション/部品/構造の標準化
  • システムの設計と構築
    ・PLM製品のベンチマーク・選定支援
    ・変革後の業務を実現し、且つシステムの機能や拡張性を考慮した合理的な機能要件定義
    ・主要なPLM製品の導入とカスタマイズ

効果

  • 01. グローバル分散拠点の協調開発のための業務基盤確立
  • 02. 部門間・拠点間の情報伝達効率の向上
  • 03. 仕向地増加に伴うバリエーションを考慮した、部品の再利用率・共通化率の向上

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る