SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

AI技術を活用した受注型産業のリスク低減

AI技術を活用した受注型産業のリスク低減のイメージ

[背景・課題] 事業リスクを左右するノウハウの熟練者依存リスク

プラントや大規模設備といった受注型産業において、見積り回答のスピードと精度の両立は、受注確率や受注後利益に特に大きな影響を与えるため、事業リスクの最小化に向けた重要な要素です。

しかし、それらを左右する見積り・計画策定業務は、インプット情報(要求スペック等)が非定型かつ膨大であり、人為的な見落としや解釈の違い等による追加コスト発生のリスクがあるため、熟練者に依存している状況です。その結果、処理量・スピード・精度上のボトルネックとなりやすく、組織としてリスクをコントロールしきれていません。

[アプローチ] 熟練暗黙知の形式知化×AIで支援する見積高精度化・高速化

SOLIZEは、熟練者に依存したコアな暗黙的判断を形式知として理論化・数値化し、再現性ある技術として確立します。また、それをもとに関連実績データを独自の言語処理AIに学習させてモデル化し、熟練者の視点・考え方を再現する仕組みにすることで、大量のインプット情報から事業リスクを左右する要求内容の優先抽出・リスクの可視化を支援し、担当者に依存しない見積り回答の高精度化と高速化を実現します。

これにより、お客様の事業リスク低減に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る