SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

プラント定期検査のリードタイム短縮変革

プラント定期検査のリードタイム短縮変革のイメージ

[背景・課題] 伸び続ける定期検査のリードタイム

プロセス産業において、設備稼働率の最大化に向けた定期検査(定検)リードタイム短縮は重要な施策の1つです。

しかし、定検における計画業務は対象設備が多量かつ分業であることから、プラント全体の正確な状況把握が難しいうえ、関連機器の高経年化・逐次追加や安全対策の増加等もあり、業務量は増加・複雑化しています。加えて、過去の無理・無駄・滞留を含んだ計画実績の流用や、熟練技術者同士の擦り合わせや感覚値への依存度も高いため、リードタイム増加の定量的根拠は曖昧で、期間やスケジュールの合理化や作業の平準化が進みづらい状況です。

[アプローチ] 暗黙知と業務を徹底的に可視化しクリティカルパスを短縮

SOLIZEは、熟練技術者に依存したコアな暗黙的判断を形式知として理論化・数値化し、限られた工事、検査項目、スケジュール根拠等の予実実績情報の分析により、定検業務を可能な限り定量的に可視化し、真のクリティカルパスを解明、徹底的に短縮する対策を施します。それを踏まえ、標準スケジュール、作業プロセス、タイムリーな予実差分追跡と対策、情報一元集約と活用等の仕組みを構築します。

これにより、定検リードタイム短縮を実現し、お客様の事業価値向上に貢献します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る