SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

熟練技術のデジタル化によるインフラ保守基盤整備

熟練技術のデジタル化によるインフラ保守基盤整備のイメージ

[背景・課題] 老朽インフラの急増に伴い生産性向上に向けた対策が急務

社会インフラの老朽化が進み、維持管理・更新費用の増大や技術人材不足が顕著化する中、メンテナンスサイクルの構築と運用、トータルコストの低減と平準化、作業の省人化と効率化が重要になります。

しかし、維持管理業務の現状は、高経年化による高難度・業務量増の一方で、コアとなる診断から修繕計画が熟練技術者の暗黙知に依存している結果、論理的・定量的な診断根拠やリスクとコスト算定に曖昧さやバラつきがあるだけでなく、処理量のボトルネックにもなっています。また、実績情報(点検結果・計画・修繕更新結果等の記録情報)が不明、散在、デジタル化されていない場合も多く、業務の非効率を増長させています。

[アプローチ] 熟練暗黙知の形式知化×AIが支援する維持保全業務のスマート化

SOLIZEは、熟練者に依存したコアな技術領域の暗黙的判断を形式知として理論化・数値化し、重点管理技術要素や損傷状態を把握するための定量的基準と閾値の導出、それらに基づく診断やリスクとコスト算定、修繕計画策定を再現性ある技術として確立します。また、熟練技術者の検討過程や参照情報に関する膨大なデータを独自の自然言語系AIに学習させることで熟練技術をデジタル化し、誰もが動的に活用できる仕組みを構築します。

これにより、インフラ維持管理業務の生産性向上を実現します。

他の変革テーマ例も見る

変革テーマ一覧へ戻る