CAE
エンジニアリングサービス

CAE解析&実験モデルの提案・製作

CAE解析の実施方法の提案から実験モデルの製作までをワンストップで対応

CAE解析を実施した3Dデータから、当社の3D CADエンジニアリングサービス、3Dプリンティングエンジニアリングサービスとの連携により、実験に使用するモデルを提案・製作します。前工程でCAE解析を実施しているため、実験における目的や重要な諸要因をすでに理解しており、実験モデル本体や周辺治具の具体かにおいて、解析および実験結果の相関性に留意しながら、さまざまな実現プランを提案します。3Dプリンティングの素早い造形スピードの活用と、実験目的の解析開始段階での理解による相乗効果で、お客さまの開発期間短縮に貢献します。

風洞実験モデルにおける活用事例

極低レイノルズ数の風洞実験モデルにおいて、CAE解析および3Dプリンティングを活用した事例です。

風洞実験モデルにおける活用事例のイメージ 微細形状を含む風洞実験モデルをわずか4日間で実現

CAE解析から実験モデル製作までのステップ

STEP1:CAE解析・実験の目的をヒアリング

CAEによる解析の目的、後工程での実験の目的、およびお客さまの実験環境・機材について、事前にお打ち合わせと現地調査を行い、CAE解析から実験モデル製作までワンストップの実施を提案します。

CAE解析・実験の目的をヒアリングのイメージ

CAE解析の実施のイメージ

STEP2:CAE解析の実施

CAE解析の目的に合わせ、最適なソフトウェア、必要十分なモデル・解析条件でCAE解析(本事例ではCFD解析)を実施します。

STEP3:風洞実験モデルの設計

CAE解析に用いたデータから、実験モデルの設計および3Dデータ化を実施します。CAE解析の段階ですでに実験目的を理解しており、実験モデルの翼表面への最適な測定用圧力孔の配置や、翼の可動式の固定構造の提案が可能です。

風洞実験モデルの設計のイメージ

3Dプリンティングによる製作のイメージ

STEP4:3Dプリンティングによる製作

SOLIZEの3Dプリンティングエンジニアリングサービスを活用し、3Dデータからのダイレクトな出力による、実験モデルの製作が可能です。3Dプリンティングの活用に際し、強度剛性、寸法精度、形状再現性などの考慮が必要なため、最適なモデル作成のノウハウを提供します。

STEP5:風洞実験の実施(お客さまにて実施)

風洞実験の実施のイメージ 風洞実験の実施のイメージ 風洞実験の実施のイメージ 風洞実験の実施のイメージ
完成した風洞実験モデル 風洞に設置された実験モデル スモークワイヤによる流線の可視化 翼表面の圧力分布の測定

まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00-12:00、13:00-17:00(平日のみ)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ