デジタルエンジニアリングの力で
次世代車両開発を加速

重要なのは変化への迅速かつ柔軟な対応力

クルマの概念そのものが変わろうとしている自動車産業においては、「CASE」「MaaS」領域での開発力の強化や、カーボンニュートラルなどの環境への配慮は取り組むべき重要課題です。また、開発現場では、車両全体として達成すべき性能や機能目標に向けたユニットおよび部品間の相互依存関係がますます複雑化しており、部門横断的で高度な検討が急増している中、従来の熟練エンジニアに依存した擦り合わせ型と人海戦術による業務体制が顕在化しています。このような中では、未来を予測することよりも、事業環境の変化に迅速かつ柔軟に対応することが重要となります。

CASE

デジタルエンジニアリングの力で次世代車両開発を加速

SOLIZEは、MBD・設計・解析・DfAM・Additive Manufacturing等のデジタル領域において横断的な独自のサービスを提供し、デジタルエンジニアリングの力で、お客さまの次世代車両開発を加速させます。エンジニアの生産性や柔軟性、スピード向上、そして創造性の発揮を支援します。

競争領域に自社の開発リソースをシフト

SOLIZEについて詳しくはこちら

自動車開発のプロセス

CAD設計

CAD設計
CAD設計
CAE解析
3D情報伝達
試作
少量生産
システムズエンジニアリング
制御モデル
ECU実装ソフト
MILS
HILS
変革エンジニアリング

資料ダウンロード / お問い合わせ

サービスに関する情報をはじめとした各種資料(PDF)をご提供しています。
資料はまとめてダウンロードできます。お気軽にご利用ください。