MBDエンジニアリング
サービス

こんな課題はありませんか?

  • 電動車開発におけるモデル化・シミュレーション利用に困っている
  • MBSE導入や導入後の展開に困っている
  • 効率の良いモデルベース開発が行えていない。品質が安定していない

SOLIZEのMBDエンジニアリングサービスはモデルベース開発サポートします!

自動車産業は、パラダイムシフトのさなかにあります。このような中、自動車開発においてニーズが高まっている
開発メソッドがMBSE*1であり、モデルやシミュレーションを駆使して開発・検証を行うMBD*2です。

SOLIZEは、MBSEとMBDの手法によって、開発の効率化と品質向上を支援します。

*1:Model Based Systems Engineering
*2:Model Based Development

  • 自動運転とステアリング・ブレーキを
    統合制御した複雑なシミュレーション

  • ボディーコンポーネントの
    1Dモデル化

  • ADAS制御のモデル化と
    シミュレーション

  • ニューラルネットワークを
    活用したモデル構築

  • シミュレーターを活用した
    テスト環境(HILS)の構築/運用

  • MBSEを用いてヌケモレを防止し、
    共通ガイドラインに則った要求仕様作成

CASE領域での開発を進めるOEM様やサプライヤー様には、高いハードルを感じることなく、
要求仕様の検討やハードウエア・ソフトウエアの設計・検証を効率良く、
かつ精度高く進められるよう、技術サポートと開発環境をご提案します。

サービス

自動車業界でクルマの運動制御開発を長年リードしてきたエンジニアが中心となり、お客さまの「走る・曲がる・止まる」性能のモデルベース開発をサポートします。

  • お客さまの車両モデルに対し、制御システム追加およびカスタマイズ
  • 制御システムが搭載されたモデルにおいて、各種性能を最適化
  • 車両も含めたモデリングのご提案やコンサルティング

HEV・EV等の電動車開発における各種MBD技術サービスを提供します。

  • お客さまのご要望に合わせた電動化パワートレインのプラントモデル作成
  • 電動化パワートレインの制御システムモデリング
  • 電動化パワートレインと車両を組み合わせたトータルのシミュレーションモデリング
  • HILS&MILSを活用したテスト環境の構築とテストシナリオ作成
  • 電動化パワートレインのE&Eアーキテクチャのコンサルティング

※電動車開発のMBSEに必要なモデリングも、ご要望に応じて対応します

派生開発などのために仕様を変更する際、背景や理由などが書かれた要求文書が無くて困っている、要求や要件を書き下す際、網羅的かつ後工程で活用できるような表現に悩んでいる、といったご相談をいただきます。
SOLIZEでは、要求から仕様までを一気通貫でつなぐ可視化の技術を用いて、お客さまの課題解決を支援しています。具体的には、制御仕様などの設計文書からの要求・要件の導出、自然言語やダイアグラムを使った要求・要件のモデル化、機能配置の最適化、トレーサビリティの確保、部署を跨ぐ開発プロセスの再構築など、設計現場のさまざまな課題の解決に日々取り組んでいます。

SOLIZEは、センサーデータを活用した走行計測データの自動選定サービスを提供しています。
自動化によりデータを人の手で選定する必要がなくなるため、工数が削減でき、品質も安定します。また、独自の算出アルゴリズムで危険度を計算し、定量的な評価が可能となります。
自動運転技術の実用化に向け、コンピュータ上でのシミュレーションは不可欠です。このシミュレーションを行うため、実際に走行データから走行経路の一部分を切り取った「シナリオ」という単位でデータ取り込みを行いますが、その基準は定量的ではありません。
そこで、走行データの中からLiDARデータを用いて自車にとって危険なものを抽出し、自車周辺の物体追跡を行うことで、入力したシナリオに現れる人間や車両が危険要因となるのかを算出します。そして、その程度によってシナリオの危険度を判定し、定量的評価によるシナリオの抽出を試みています。

モデリングサービスのイメージ

モデリングサービス

開発仕様やレガシーCコードなどからのSimulink®モデル化を行います。また、ツールを限定しないプラントモデリングや、資産として存在するモデルの整理、リアルタイム性を考慮した上でのモデル簡略化などをSOLIZEのエンジニアが対応することで、お客さまは本来の開発業務に専念することができます。

HILSサービスのイメージ

HILSサービス

お客さまごとに異なるHILS(Hardware-In-the-Loop-Simulation)の環境構築からその運用をサポートします。

プラットフォーム

EV 熱マネジメント・シミュレーションプラットフォームのイメージ

EV 熱マネジメント・シミュレーションプラットフォーム

SOLIZEはSHERPA Engineering社(フランス)とのパートナーシップにより、EV 熱マネジメント・シミュレーションプラットフォームを提供しています。

燃料電池・シミュレーションプラットフォームのイメージ

燃料電池・シミュレーションプラットフォーム

SOLIZEはSHERPA Engineering社(フランス)とのパートナーシップにより、燃料電池・シミュレーションプラットフォームおよび燃料電池・シミュレーションサービスを提供しています。

インタビュー

SOLIZEが見据える自動運転普及の先

これからの自動運転開発は、”自動運転だからこそ安心で滑らかに気持ち良く走る”ために、ビークルダイナミクス(走る・曲がる・止まる)を司る制御システムがますます重要になると考えている。SOLIZEの技術をリードする二人のエンジニアが、その背景や想いを語る。

詳細はこちら

資料ダウンロード / お問い合わせ

サービスに関する情報をはじめとした各種資料(PDF)をご提供しています。
資料はまとめてダウンロードできます。お気軽にご利用ください。