SERVICE /
SOLUTION
サービス・ソリューション

3Dプリントサービス(金属3Dプリント)

SOLIZEの金属3Dプリントが選ばれる理由

SOLIZEは国内最大級となる8台の金属3Dプリンターと複数の金属材料を用意し、さまざまな要望に対応できるよう受託製造体制を整備しています。熱処理や2次加工などの依頼にも対応可能です。

3Dプリントするだけなら、3Dプリンターさえあれば簡単だといわれていますが、金属の3Dプリントはいまだ新しい技術領域で、実用に耐えない場合が少なくありません。金属3Dプリントでは、金属造形を行う部品に対して部品形状、材料、設備特性などを考慮し、一品一様の造形方案を検討することが必要になります。

SOLIZEは、1990年の創業時から積み上げてきた3Dプリンター(積層造形)に関するノウハウとネットワークを活かし、金属3Dプリンターを活用したものづくりを全面的にサポートします。

金属3Dプリントの技術コラムはこちら

金属3Dプリントのメリット

  • 新たなアイデアと形状の実現のイメージ

    新たなアイデアと形状の実現

    冷却効率の向上や製品の軽量化など、部品性能を向上させる設計が可能です。
    例:金型の3D水管による冷却効率向上・構造最適化、ラティス構造などを採用した軽量化

  • 生産性を向上のイメージ

    生産性を向上

    一体造形のため接合や組立が不要なので、生産効率が向上します。
    例:トルクコンバーター一体成型でロウ付けの廃止
    Pro X300ならサポートなしで造形が可能です。

  • リードタイム・コスト削減のイメージ

    リードタイム・コスト削減

    3Dプリントは設計変更が容易。金型不要で製作が可能です。
    例:複数パターンでの試作品製作・金型不要で板金物試作製作・3次元形状面を支える冶具の製作

SOLIZEの取り組み

  • トポロジー設計のイメージ

    トポロジー設計

    アルティアエンジニアリング
    SOLIDThinking Inspire導入

  • サポートの最小化のイメージ

    サポートの最小化

    造形姿勢やパラメータ開発、サポート作成ソフトなど総合的な取り組み

  • 材料開発のイメージ

    材料開発

    オープンパラメーターを活かし、自社調達材料での造形条件開発

SOLIZEの取り扱い金属3Dプリンター

  • 金属3Dプリンター ProX™ DMP300のイメージ

    金属3Dプリンター ProX™ DMP300

    ワークサイズ:250×250×300㎜ / レーザー出力:500W

  • 金属3Dプリンター ProX™ DMP200のイメージ

    金属3Dプリンター ProX™ DMP200

    ワークサイズ:140×140×100㎜ / レーザー出力:300W

SOLIZEの取り扱い金属3Dプリント材料

鋼材:マレージング鋼 / 17-4PH(SUS630) ニッケル合金:インコネル 718 非鉄合金:コバルトクロム合金 / チタン合金(Ti6Al4V) / アルミ合金(AlSi12)

  航空宇宙 ツーリング 自動車 タイヤ デンタル 医療 パッケージ 時計宝飾
材料 エアフォイルタービン 金型
治具
工具
機械部品 金型
サイプ
クラウン
ブリッジ
補綴物
義肢
インプラント
外科ツール
フォーミング
ブロー成形
射出成形
金型
ハウジング
鋼材 マレージング鋼          
17-4PH(SUS630相当)      
ニッケル合金 インコネル718          
非鉄合金 コバルトクロム        
64チタン        
アルミ合金(AlSi12)        

物性表はこちらPDF

ダントツの解像度

ProX300の造形能力を数値化したサンプル(面粗さ:Ra5㎛・密度:99%台後半)

ダントツの解像度のイメージ

ラティス構造・スリット最小幅=0.3㎜・最小板厚t0.15㎜・サポートレスで30°まで造形可能・Z方向最小穴径 Φ0.3㎜・最小柱寸法 Φ0.15㎜

特許技術で優れた造形品質を実現

ローラーワイパーレイヤリングシステムのイメージ

ローラーワイパーレイヤリングシステム

ローラーが適切な圧力をかけながら粉末材料を敷いていくことで、積層の厚さや積層密度を最適化します。

  • 造形バッチ間の品質のばらつきを抑制します
  • 金属粉末の粒径のばらつきを吸収し、多様な材料への対応が可能です
  • より細かい粒径の金属粉末(3㎛まで)への対応が可能です

ローラー方式のメリット

ローラー方式のメリットのイメージ

アンダーカット部の再現性

アンダーカット部は、最小30度までサポートなしで造形が可能です
(ブレード方式では45度が限界)

Φ0.5㎜~大径穴まで 横穴形状の再現性良好

ローラーの圧縮でパウダーベッドが硬いため、横穴形状、特に天面の再現性が良好です

保有設備

  • 非接触三次元測定機のイメージ測定器

    非接触三次元測定機

    GOM ATOS 5M

  • マイクロスコープのイメージ測定器

    マイクロスコープ

    キーエンス VHX-5000

  • 粒子径分布測定器のイメージ測定器

    粒子径分布測定器

    マイクロトラック・ベル MT3300EX2

  • 真空熱処理炉のイメージ熱処理機

    真空熱処理炉

    TITAN-H2

  • チャンバー炉のイメージ熱処理機

    チャンバー炉

    Nabertherm 電気炉 N41

  • 重力式手動ブラスト機のイメージブラスト機

    重力式手動ブラスト機

    不二製作所 SGF-3

  • コンターマシンのイメージ切断機

    コンターマシン

    タイナテック DKV7725

  • 試料研磨機のイメージ試料研磨機

    試料研磨機

    PRESI メカテック234

  • 試料樹脂埋込機のイメージ試料樹脂埋込機

    試料樹脂埋込機

    PRESI メガプレス3

金属3Dプリントの仕組み ~3Dデータから金属3Dプリントされるまで~

金属3Dプリント

金属3Dプリンター比較表 ~SOLIZE保有機以外での比較~(当社調べ)

金属3Dプリント

▼大型金属3Dプリンターの仕様

Machine EOS
M400
SLM
SLM 500HL
Concept Laser
X line 2000R
造形サイズ(㎜) 400×400×400 500×280×325 800×400×500
レーザー仕様 Fiber Laser Fiber Laser Fiber Laser
レーザー出力 1000 400/1000 1000×2
レーザー径(㎛) 90 80~150 100~500
積層厚 20~ 20~200 30~200
造形スピード(㎤/h) 20 105 10~100
レイヤリング方式 ブレード方式 ブレード方式 ブレード方式
対応可能データ STL STL STL

▼汎用機金属3Dプリンターの仕様

Machine 3DSystems
ProX300
EOS
M290
SLM
SLM 500HL
Concept Laser
M2
造形サイズ(㎜) 250×250×300 250×250×325 500×280×325 250×250×280
レーザー仕様 Fiber Laser Fiber Laser Fiber Laser Fiber Laser
レーザー出力 500 200/400 400×2 200/400
レーザー径(㎛) 100 100~ 80~150 50~200
積層厚 10~100 20 20~200 20~80
造形スピード(㎤/h) 25 20 70 2~35
材料供給 機内自動 機内手動 機内自動 機内手動
レイヤリング方式 ローラー方式 ブレード方式 ブレード方式 ブレード方式
材料粒径 3μ〜 20μ〜    
対応可能データ STL , STEP , IGES STL STL STL

3Dプリントサービスに関するお問い合わせ・工場見学のお申し込みを受け付けています。
TEL:046-408-0131(営業部)/
E-mail:contact.sp@solize.com

お問い合わせ/工場見学お申し込み

その他の3Dプリントサービス

  • ※ProXは、3D Systems社の商標です。

3Dプリンティングエンジニアリングサービス
一覧へ戻る