MBDエンジニアリング
サービス

ビークルダイナミクス

「走る・曲がる・止まる」性能のモデルベース開発をサポート

運転支援や自動運転技術が発展するほど、それを支えるクルマの「走る・曲がる・止まる」に関わる性能(ビークルダイナミクス)は、ますます重要となります。

SOLIZEは、お客さまの「走る・曲がる・止まる」性能のモデルベース開発をサポートします。

お客さまの車両モデルに対し、制御システム追加およびカスタマイズ
制御システムが搭載されたモデルにおいて、各種性能を最適化
車両も含めたモデリングのご提案やコンサルティング

車両運動制御システム開発を長年にわたりリードしてきたエンジニアが実用的な提案

  • お客さまの要求レベル・優先度(性能最重視⇔現実制約条件考慮等)に合わせモデル構成や粒度を決定し、具体的なご提案をします。
  • システムが関わる車両性能や試験条件、部品諸元等の相場を熟知しており、詳細な情報提示がなくとも短期間で高品質なモデルをご提供します。

具体例
スプリット μ 路 急制動 (Dry & Ice)

左右のタイヤで発生する制動力が異なるため、ABSには安定性の確保と停止距離短縮の両立が求められます。

ビークルダイナミクスのイメージ

重要な車両性能
停止距離
最大修正操舵角
最大発生ヨーレイト
上記に影響するABS制御仕様
左右圧力差制限値
推定車体速度誤差
油圧ユニット減圧能力、etc.

モデリングサービス一覧

一般的な制御モデリングを基本としますが、ご要望に応じてカスタマイズします。

部位 内容
トランスミッション AT/MTの詳細化(変速ショック再現など)
駆動系 4WDトルク配分、トルクベクタリング制御
ブレーキ ESC(ABS、TCS、ブレーキLSD機能含む)
ステアリング EPS、4WS、(4WS+ESC) 統合制御
サスペンション セミアクティブ、アクティブロール制御

プロジェクト事例

株式会社日本ヴイアイグレイドの車両運動モデル「VI-CarRealTime」にSOLIZEのESCシステムモデルを組み込み、両社で性能最適化を行いました。いずれの試験もESC搭載により優れた性能が得られました。

ビークルダイナミクスのイメージ

ビークルダイナミクスのイメージ ©株式会社日本ヴイアイグレイド

株式会社日本ヴイアイグレイド所有の「Compact Simulator」上でドイツのニュルブルクリンクサーキット北コースを走行。ESCを搭載することで非常に安定した走行が可能となりました。

※ISO3888-2、Sine With Dwell、ニュルブルクリンクともにESC制御は同一仕様での結果です。

まずはお気軽にご相談ください。

お電話でのお問い合わせ

受付時間 10:00-12:00、13:00-17:00(平日のみ)

フォームでのお問い合わせ

お問い合わせ